事務所紹介

事務所概要

京都リバティス法律事務所は、2012年1月6日に開設しました。開設時には、弁護士歴32年の村井豊明と弁護士歴30年の村松いづみが所属しています。

二人の弁護士は、これまで市民・労働者・女性・中小業者など社会的弱者の生活と権利を守る裁判や、憲法を守り悪法に反対するたたかいなどに取り組んできましたが、当事務所においてもその姿勢を貫き、一人ひとりの市民が本当に幸せに暮らせる社会の実現を目指して仕事をしていきたいと考えています。

また、現代社会は、いっそう複雑さを増し、より幅広く深い法的知識が必要とされる場面が増えています。そのような社会で暮らす皆さんにとって、いつでも誰でも安心して頼れる法律事務所として身近な存在でありたいとも思っています。

所長ごあいさつ


弁護士 村井豊明
京都リバティス法律事務所を2012年1月6日に開設しました。
「リバティス」とは、「自由」を意味する「Liberty」と、「正義」を意味する
「Justice」とを組み合わせた造語で、
コンセプトを事務所名にも表したいという思いから名付けました。
所属弁護士が一丸となって頑張っていきたいと思っております。
京都リバティス法律事務所のコンセプトは次のとおりです。

事務所は、基本的人権の擁護と社会正義の実現をめざし、平和で民主的な社会、住みよい豊かな環境を築くための活動をする。
事務所の性格を明らかにし、すべての所員の行動の指針とするため、事務所コンセプトを定める。

  1. 基本的人権を擁護し、社会正義の実現をはかることを事務所の使命とする。
  2. 働く人々をはじめとする市民や社会的弱者に対する権利侵害とたたかい、その正当な利益を守るために力を尽くす。
  3. 憲法改悪を許さず、法律や制度の改悪と闘う。
  4. 労働運動・住民運動・民主運動・平和運動など、自由や人権、平和や環境を守るたたかいに積極的に参加し、その正しい発展のために努める。
  5. 自由法曹団や青年法律家協会などの民主的法律家団体の発展・強化に努めるとともに、弁護士会の活動に積極的に参加し、その民主的発展を推し進める。
  6. 司法制度の民主的改革に努める。
  7. 国民・住民の生活と権利を守る政治の実現に努める。

以上のコンセプトに基づいて旺盛に弁護士活動を行っていきますので、どうか宜しくお願い致します。

2012年2月1日

取扱業務

一般民事事件
借地借家、貸金請求、売買、不動産トラブル、保証人など
相続・遺言
遺産分割、遺言作成、遺言執行など
離婚・婚約不履行など男女間のトラブル
成年後見
交通事故
損害賠償請求、示談交渉、自賠責保険請求、後遺障害等級認定請求など
借金問題
債務整理、過払い請求、破産、個人再生など
消費者問題
商品先物取引、投資信託取引、未公開株式取引、訪問販売、キャッチセールなど
労働
解雇無効、残業代請求、労災、過労死、過労自殺、男女差別、セクハラ・パワハラなど
医療過誤
損害賠償請求、証拠保全など
刑事事件・少年事件
その他

受付時間

平日(月曜から金曜)午前9時30分~午後5時30分
なお、休業日は土日、祝日、年末年始(12月29日~1月5日)です。

事務所風景 ~お気軽にご相談ください~

外観

受付

相談室

会議室