弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

深刻な海のプラスチック汚染

 

プラスチックによる海洋汚染が深刻な問題となっている。

世界で危機感が強まり、今年6月のG7先進7カ国会議では議題の1つとして取り上げられた。

 

プラスチックは、熱が加えられたり、太陽の光があたったりすると、もろく砕けやすくなるが、分解されてなくなることは決してない。

小さなプラスチックは、魚・貝などの海洋生物が餌と間違えて食べてしまい、それら生物体の中でプラスチックの有害物質が溶けだし、その魚をまた私たち人間が食べる

今年6月、タイ南部の運河で死んだ鯨を解剖したら、胃から80枚以上のプラスチック袋が出てきたそうである。

実に、恐ろしい話だ。

 

先日、プラスチックを使用しない生活をしてみようという実験をした人が書いた文を読んだ。

でも、スーパーで売られている商品は、野菜に至るまで、ことごとくプラスチックによって包装され、その実験はアッという間に頓挫したそうである。

 

私たちの周りには、プラスチック製品があふれている。

せいぜい私たちが出来ることと言えば、できるだけプラスチック製品を買わないこと。

例えば、安易にペットボトルを買わない。レジ袋はもらわない。冷凍食品・レトルト食品は買わない。

でも、1人1人の努力では、もう追いつかないところまで来ている。

 

ところが、G7サミットでは、日本とアメリカは、使用するプラスチック製品の具体的な削減量を盛り込んだ「海洋プラスチック憲章」を承認しなかった。

 

企業がプラスチックを作らない、使わないことが必要。

「すかいらーく」や「スターバックス」などは、プラ製ストローをやめて紙製にすると発表した。

企業努力だけに任せるのではなく、国が規制する法律を早急に作ることが何よりも求められている。

 

自分のこととして、プラスチック汚染に関心を持って行きたい。

 

後立山縦走(五竜岳~鹿島槍ヶ岳~爺ケ岳)

 

私にとっての今年の夏山登山のメインイベントは、8月10日~13日の後立山(うしろたてやま)縦走だった。

五竜岳(2814M)~鹿島槍ヶ岳(2889M)~爺ケ岳(2670M)を山小屋3泊の4日間で歩いた。

五竜岳と鹿島槍ヶ岳は、日本百名山で、このコースは、約20年前に歩いたことがあった。

その時は、山小屋2泊という記録が残っていたので、今回も2泊で行けるかなあと淡い期待を持って出かけた。

 

8月の第1週は台風13号が日本に接近し、長野県に直撃することがないことはわかっていたが、その影響が心配だった。

 

五竜岳には、白馬八方スキー場からゴンドラに乗って上がり、八方尾根を登り唐松岳を経るコースと、白馬五竜スキー場からテレキャビンに乗って上がり、遠見尾根を登るコースがある。

以前は八方尾根を登ったので、今回は初めて遠見(とおみ)尾根を登ることにした。

 

8月10日、天候は曇り。

テレキャビンと展望リフトに乗って遠見尾根の登山口へ。

ガスがかかって、展望はなし。

小遠見、中遠見、大遠見、西遠見を経て、灌木帯の登山道に出る。

やっと北アルプスに来たという景色だ。

山には雪渓が残り、ガスで五竜岳は隠れて見えないが、五竜岳の直下にある五竜山荘は、時折、見え隠れする。

 

 

五竜山荘の手前の白岳に続く登山道。

 

 

この日は、五竜山荘まで。

 

8月11日

朝から霧雨で、レインウエアを着て雨用装備で、五竜岳に向かう。

小屋を出れば、すぐに五竜岳の登りとなる。

山頂に到着しても、風雨の中、何も見えず、写真だけ撮ってすぐに鹿島槍ヶ岳に向かう。

 

五竜岳からキレット小屋までは、いくつか岩場・鎖場・ザレ場・ガレ場の難所があり、しかも登山道の石や岩が雨に濡れて滑りやすくなっているので、より一層慎重に歩く。気が抜けない。

霧雨は、降ったり止んだり・・・相変わらず展望なし。

だが、口の沢のコルという鞍部に近づいた頃、ようやく雨が上がり、太陽が照ってきた。

 

口の沢のコルで、ゆっくり昼食を食べながら、濡れたレインウエアやスパッツなどを干して乾かす。

記録によると、約20年前は、1日約9時間程かけて、五竜山荘からキレット小屋を経て、鹿島槍ヶ岳に登り、その先の冷池(つべたいけ)山荘まで歩いたが、今は、歩き始めると、そんな体力がないことを自覚。

この日は、キレット小屋泊まりにすることにしたので、口の沢のコルでゆっくりと時間をつぶした。

 

そして、まもなく、キレット小屋に着いた。

 

 

キレット小屋は、鹿島槍ヶ岳北峰から約420m切れ落ちた鞍部にある。

そして、小屋の目の前(写真向かって右側の崖)には、日本三大キレットの1つ「八峰キレット」がある。

 

 

キレットとは、「切戸」と書き、山と山とをつなぐ尾根が鋭く切りたっている場所を言う。

「大キレット」「不帰キレット」「八峰キレット」を日本三大キレットと呼ぶ。

 

これまで日本三大キレットはどれも歩いたことがあるが、私にとっては、だから「怖くない」とか「慣れる」ということはない。

八峰キレットを下りてきた登山客が「今まで一番怖かった」などと話しているのを小耳にはさむと、明日のキレットの上りになんとなく不安を感じてしまう。

小屋は、お盆前の土曜日の割には空いており、割り当てられたブースには登山客は2組だけで、ゆったり眠ることができた。

 

8月12日

雨は上がったが、相変わらずガスがかかり、展望はあまりない。

小屋を出て、すぐに八峰キレットにとりつく。

いくつかの鎖場や岩場を気を引き締めて登る。

キレットが終わっても、鹿島槍ヶ岳北峰への長い急坂はまだまだ続く。

鹿島槍ヶ岳北峰、そして吊尾根を経て、鹿島槍ヶ岳山頂へ。

雨は降っていないが、あいかわらずガスで展望なし。

ここも写真を撮って、早々に下山する。

 

鹿島槍ヶ岳を超えると、登山道は、なだらかになる。

冷池山荘に到着。

冷池山荘で昼食をとった後、爺ケ岳を経て、今日の宿泊場所の種池山荘へ。

 

8月13日朝、種池山荘から扇沢まで下山する。

 

台風の影響か、ずっとガスがかかりっぱなしで、北アルプスの雄大な景色を堪能することはできなかった。

約20年前は、若さのせいか、五竜岳から鹿島槍ヶ岳への行程がこれほど厳しいものとは思わなかった。正直、疲れた。

帰宅すると、数日は足がパンパンに腫れて、歩くと足に痛みが残った。

足の痛みだけが、「北アルプスを歩いた!」という実感を与えてくれた。

 

なお、私が八峰キレットを登った同じ8月12日に、鹿島槍ヶ岳から八峰キレットへの下山中の女性の滑落事故があり、数日後、死亡が確認された。

やはり山は怖いとあらためて思った。

 

 

 

 

 

 

沖縄県の翁長雄志知事の壮絶な生き方

 

2018年8月8日、テレビのテロップで、沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事の突然の訃報が報じられた。

5月に自身が膵臓癌であることを公表し、それでも知事としての公務を続け、7月には、辺野古埋め立て承認撤回を表明した。

テレビに映ったその時の姿は、それまでのように毅然とされてはいたものの、ひどく痩せて痛々しいものを感じた。

 

翁長氏は、自民党沖縄県連幹事長を務めるなど、もともとは保守であった。

ただ、幼少より、基地をめぐる県民の対立に疑問を持ち続けていたという。

自民党の那覇市議、沖縄県議を経て、2000年12月から2014年10月まで那覇市長を務める。

転機となったのは、旧日本軍による集団自決の強制を否定した教科書検定問題。2007年9月、保守も革新も一丸となった県民大会が開かれ、翁長氏は反対運動の先頭に立った。

そして、2014年11月、「辺野古基地ノー」の圧倒的な民意に寄り添う決断を下し、約10万票の大差で圧勝し、史上初の「オール沖縄」県政が成立した。

 

2014年12月10日知事就任式の時の言葉。

「戦後、自分が持ってきたわけでもない基地をはさんで保守だ、革新だと県民同士がいがみあってきた。基地問題を解決しないと、沖縄が21世紀に向かってしっかり羽ばたけない。これが私の思いだ」

 

それ以降は、安倍政権に一歩も引かず、あらゆる権限を行使して闘い続けてきた。

そして、それは自身が重篤な病にむしばまれても続けられた。

 

本当に命をかけて民意を貫いた政治家だった。

翁長氏のような人こそ、沖縄の歴史に残る本物の政治家だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「サイレント・ブレス 看取りのカルテ」(南 杏子著。幻冬舎)

 

以前、新聞に掲載された書評を読み、その切り抜きを大切に保管して「読んでみたい」と思っていた1冊をやっと手に取った。

終末期医療のあり方を問う、現役医師によるデビュー作の小説。

2016年9月に単行本が出版されたが、本の帯によると、2018年6月21日放送の「NHKラジオ深夜便」に著者が出演したことによって、緊急文庫化されたようだ。

 

主人公は、大学病院から地域の訪問クリニックへ異動になった医師水戸倫子。

左遷、いや、それ以下だと落ち込む倫子。

クリニックは、在宅で最期の時を迎える患者を診ているが、大学病院では病気を治すこと、命を救うことが医師の使命としか考えてこなかった倫子は、「治療法のない患者に、医師は何ができるのか」と医師の存在価値について悩む。

 

第1話から第5話の短編連作の中で、何人かの終末期の患者とその死に関わり、徐々に、クリニックの医師としてのスキルを高め学び、成長していく姿を描く。

そして、第6話「サイレント・ブレス」では、倫子自身が父親を看取ることになる・・・

 

脇を固める登場人物たちも少しコミカルで、茶髪でピアスの男性看護師コースケ、クリニックのスタッフが常連として通う「ケイズ・キッチン」のニューーハーフ店主ケイちゃんが作る珍妙な料理などが、深刻なテーマを和らげてくれる。

そして、倫子を「左遷」した直属の上司大河内教授が、ずっと倫子を見守り、医師の終末期医療への関わりを語り助言する。

 

倫子は、苦しみに耐える延命よりも、心地よさを優先する医療もある、と知った。

穏やかで安らぎに満ちた、いわばサイレント・ブレスを守る医療が求められている、と。

 

深く胸にしみこむ1冊となった。

折しも、京都での地域医療のパイオニアであった医師早川一光さんが亡くなられたばかりで、ずっと地域医療に取り組んで来られた早川医師の姿に重なるものもあった。

 

「人は誰しも死んでいく」

わかりきったことだし、実際に両親を見送っているのに、私自身は、まだ、自分がどんな終末期を迎えるか、はっきり決めることができないでいる。

ただ、人との関わりを大切にして、自分の一生を終えたいとだけは心から思う。

 

オススメの1冊である。

 

 

 

 

借家で一人暮らしの女性の相談

 

(女性弁護士の法律コラム NO.242)

 

豪雨の後の京都は、連日、40度近くの猛暑日が続いている。外を歩くと、溶けてしまいそうな暑さである。

 

京都市内の各区役所では、毎週水曜日午後に無料法律相談が行われている。

昨日は、区役所の無料法律相談の担当日だったので、一番猛暑の時間帯に出かけた。

午後1時過ぎから午後3時過ぎまでの時間帯に6人の相談者の相談を聞かなければならないので、区役所の担当者から「一人20分でお願いします」と釘をさされる。

しかも、相談開始から15分経過すると、担当者が「あと5分です」と声をかける。

ゆっくり相談を聞くことができないのがつらいところである。

 

昨日の相談の中で印象に残った女性がいた。

その70代後半の女性は、借家の借り主で、家主から、突然、老朽化を理由に明け渡しを求める手紙が届いたとのことであった。

夫は既に亡くなり、娘らも独立し、長年住み慣れたこの家で一生を終えようと思っていたところに、家主から明け渡しを求められ、途方にくれていた。

 

娘さんが家主と交渉するようだったので、家主側の「老朽化」という理由は、なかなか認められるわけがないので、とりあえず「明け渡しはできない」と回答をし、家主の出方をみるようアドバイスをした。

 

一人で年金だけで生活しており、これから他に家を借りられる所もなく、長生きしたからこんなことが起こるのか、もう死んでしまいたい、などと目に涙をためて言われた。

法テラスを利用すれば、弁護士費用は立て替えてくれるので、弁護士に依頼することもできることを説明したが、たとえ分割でも返済していかなければならないので、そんな余裕はないとも言われた。

法的には大丈夫かもしれないが、今後家主が何をやってくるかわからないという不安な気持ちが抑えられないのであろう。

自治体の住宅などの公的な施設やサービスがもっと充実していたら、彼女のような心配もしなくてもよいのに・・

 

弁護士が受ける法律相談に楽しいものがあるはずもないが、暗い気持ちになった。

 

法律相談中、外はどしゃぶりの夕立だったが、終了して帰る頃には、雨は上がっていた。

雨上がり後のあまり涼しくないムッとする空気の中を、暗い思いで帰った。

 

記事カテゴリー

月別アーカイブ