弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

カズオ・イシグロ

 

日系イギリス人であるカズオ・イシグロ氏が昨年、ノーベル文学賞を受賞した。

彼がノーベル賞を受賞したという報道に接するまで、恥ずかしながら、彼の作品を読んだことがなかったことはもとより、名前さえ聞いたことがない、全く知らない作家だった。

 

ニュースで受賞を知っても、すぐに読んでみようとは思わなかった。

外国人作家が書いた小説は、なんとなく読みにくいという感覚が私の中にあったからだ。

 

しかし、高校時代の同級生のメーリングリストで、Fさんが「二年前の春から夏にかけて集中的に読み感銘を受けた」「フィクションらしいフィクションを圧倒的なリアリティで紡ぎ出すという力量は僕が今まで読んだ作家の中でも有数のもの」「彼の作品には、思想性、主義主張が巧妙に排除あるいは隠蔽されているという特徴がある」と書いていたので、これはもう読まなくてはと思い、書店に行った。

 

受賞当初は、書店に本がなく、店員に尋ねると「増刷中なので、しばらく待って」という回答だった。

そして、しばらくすると、やっと書店にイシグロ氏の作品のコーナーが設けられた。

 

最初に読んだのが「日の名残り」。

人生の黄昏どきを迎えた老執事が、旅路で回想する古き良き時代のイギリス。

旅の場面と、長年仕えた先代の主人への敬慕、執事としての品格、女中頭への想いなどの回想が交錯する。

 

旅の場面と回想とが入り交じって、私にはわかりにくく、最初はなかなか読み進むことができなかったが、最後まで読み終えると、執事のあるべき姿を求め続けた男のせつない思いが感じられた。

久しぶりに、深い作品を読んだという実感があった。

 

BSで放映された「カズオ・イシグロの世界」で、イシグロ氏は、この作品について、「自分が最もホコリを持っていたものや業績は実は恥ずべきことだった」ことに気づいた個人を描き、過去に向き合うべきか忘れるべきかを問いかける作品だと語っていた。

 

「日の名残り」を結構エネルギーを使って読み終えたが、そうすると、また別の作品を読みたくなった。

そこで、次に読んだのが「私を離さないで」。

全く知らなかったが、この作品は、昨年、テレビで日本版としてドラマ化されていた。

この作品も、介護人女性の回想で物語は展開する。

ある施設で共に暮らし学ぶ子どもたち。その施設の子どもたちに求められる「提供」とは・・・

人間とは、愛とは・・・その根元を問うテーマで衝撃的だった。

 

なお、「日の名残り」と「私を離さないで」は、共に映画化されている。

 

2017年12月7日、スウェーデン・アカデミーで受賞記念講演したイシグロ氏は、現代の世界で極右思想や人種差別などの偏狭な思想が蔓延していると厳しく指弾するとともに、自らは文学の力で人類の幸福に貢献するという強い意欲を示した。

 

そして、私は、3作品目として「浮世の画家」を選び、今また読み始めている。

 

 

 

山利商店の白味噌で京風雑煮

 

雑煮は、全国各地で色々な種類がある。

私の出身の岐阜の雑煮は、小松菜や大根などを入れたすまし汁で、餅は焼かない。

京都に来て、初めて白味噌の雑煮を食べた。これもまた、美味しい。

だから、私は、気分次第でどちらのバージョンも作る。

 

友人Tさんが「美味しい!」絶賛するのが、山利(やまり)商店の白味噌。

 

 

京都でも知る人ぞ知るという白味噌らしく、有名料亭などに使用されているとのこと。

無添加・無着色で、国産米・国産大豆・塩だけで作られている。

店自体は東山区にあって少し遠いが、錦市場の中の八百屋さん「四寅」で扱っていることを知り、新年になって買いに行った。

開封すると2週間しかもたないと聞いていたので、店の人に尋ねると、冷凍しておけば発酵が止まるから大丈夫と言われた。

 

早速、白味噌雑煮を作ってみた。

金時人参と大根と小松菜を入れてみた。

出汁だけで、砂糖やみりんを全く入れなくても、甘くて濃厚で美味しい。

 

(餅が隠れて見えな~い!)

 

しばらく、この白味噌にはまりそう・・・

 

あけましておめでとうございます。そして、七草がゆ。

 

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

年賀状に「ブログ、読んでます」と書いていただいた方もあり、嬉しい反面、最近、少々、サボリ気味なので、恐縮しております。

今年は心を入れ替えて(!?)、頑張ってブログを書いていこうと思っています。

 

事務所は、明日1月9日から業務開始です。

でも、私自身は、正月気分は1月4日までで、5日から事務所に来て仕事を始め、7日は依頼者の方と打ち合わせもしました。

 

ところで、1月7日、久しぶりに七草がゆを作りました。

 

 

七草がゆというのは、春の初めに生える若菜を食べることで、1年の邪気を払う行事。

正月のごちそうで疲れた胃腸を休ませ、いつもの食事に戻る区切りとしても優しい一品です。

昨年12月に宿泊した宿で出された玄米薬膳粥がとても美味しかったので、今回は玄米粥にした上、七草以外に、クコの実と松の実も入れてみました。

これがとても美味しく出来て気に入ったので、これからも時々、作ってみようと思っています。

 

いただいた年賀状の中には、身体の不調について書かれていたものもありました。

私も今年1年、今まで以上に健康に気を遣って過ごしたいと思います。

 

 

 

米ヘリ部品落下、保育園に中傷殺到

 

「自作自演だろう」・・・なんで、こんな中傷が・・・

 

2017年12月13日、普天間飛行場に隣接する市立普天間第二小学校の運動場へ米軍普天間飛行場所属のヘリコプターの重さ7.7キロの窓が落下するという事故があった。

その数日前の同月7日には、やはり同飛行場から約300メートルの場所にある緑ケ丘保育園の屋根に大型ヘリの部品が落下した。

 

ところがである。

保育園の落下事故の方は、米軍は、大型ヘリCH53Eの部品だと認めた一方、「飛行する機体から落下した可能性は低い」と発表した。

すると、それ以降、連日、「自分たちでやったんだろう」「教育者として恥ずかしくないのか」というなじるような中傷メールや電話が保育園に殺到するようになったという(2017年12月16日付け朝日新聞朝刊)。

 

部品が見つかった屋根にはへこんだ痕跡があり、宜野湾署も確認している。

また、職員や園児も「ドーン」という衝撃音を聞いている。

その1週間後には、また小学校の運動場にヘリの窓が落下し、児童が負傷した。

 

メールするのは、沖縄の実態を知らない内地(本土)の人たち。

同じ本土の人間として恥ずかしい限りだ。

中傷メールなど流す前に、実際に沖縄に足を踏み入れて、現実を見ろ!と言いたい。

 

翁長沖縄県知事は、「日本政府には当事者能力がない」と批判した。

宇宙空間を飛ぶ北朝鮮ミサイルには敏感に反応する日本政府が、米軍による沖縄の空からの現実の落下については、全く弱腰だ。

 

これが沖縄の現実だ。

 

 

 

 

 

 

講演「代理人弁護士から見た家事調停」

 

2017年12月8日、京都調停協会連合会主催の研修会に、講師として参加した。

講演タイトルは「代理人弁護士から見た家事調停」。

対象は、京都府下の民事・家事を担当する調停委員の皆さん。

 

午前10時半、京都地裁前から、京都市内の調停委員の皆さんと共に大型バスに乗り、会場である京都府北部の福知山市内のホテルに向かった。

もしかしたら福知山は雪かも?という天気予報だった。

 

第1部は、H弁護士による「民法(債権法)改正について」と題した講演。

そして第2部が、私の講演。

 

今まで色々なテーマで講演をしてきたが、調停委員さんに対する講演は初めてだったので、どのような話をしようか、ずいぶん頭を悩ませた。

これまで家事調停とりわけ離婚調停は何件も担当してきたので、その中で調停の進め方がうまいなあと感じる人と、調停の進め方に抗議をしたくなるような人などがおられ、そんな経験を織り交ぜて、率直に話すことにした。

 

また、調停委員は、当事者に代理人弁護士がつくと「やりにくい」と感じると聞いたこともあるが、調停はそれぞれの立場から意思疎通を行って進めていくことができることも強調した。

 

自分自身が代理人として、これまでの経験ややり方を振り返って整理することもでき、勉強になった。

 

夜、福知山を出る頃には、みぞれ交じりの雪となっていた。

 

 

 

 

 

 

 

記事カテゴリー

月別アーカイブ