弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

高齢者の定義を変える?!

 

2017年1月5日、日本老年学会などは、現在は65歳以上とされている「高齢者」の定義を75歳以上に見直し、前期高齢者の65~74歳は「准高齢者」として社会の支え手と捉え直すよう求める提言を発表した(2017年1月6日付け京都新聞朝刊)。

准高齢者は、仕事やボランティアなど社会に参加することを期待されている。

背景には、医療の進歩や生活環境の改善により、10年前に比べ、身体の働きや知的能力が5~10歳は若返っていると判断されたことがあるよう。

 

確かに、私のまわりにも、元気な65歳以上の方々がたくさんいる。

でも、この報道に接した時、「エッ!なんで?」と手放しに喜べなかった私って、ひねくれ者?

 

高齢者の再雇用が進んでいるが、賃金は、大幅に減額される。

公的年金の支給開始年齢も段階的に引き上げられていく。

日本老年学会などは「提言は医学的なもの」と強調するが、そんな動きに拍車がかかるのでは・・・と心配になる。

 

呼び名がどうであろうと、何より、年を重ねても、安心して生き生きと生活できる社会になっていかないとね。

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます。

本日から、事務所での新年の仕事がスタートです。

 

年末年始、食べ過ぎたため、昨日は、少しだけRUNをしながら錦市場まで行き、正月の雰囲気を味わってきました。

その後、事務所で仕事。

また、日常が戻ってきました。

 

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

友人Aさんからいただいた鶏の置物です。カワイイ!

「大笑い」できる年になると良いですね。

 

 

 

2016年を振り返って

 

今年も今日を含めてあと3日を残すところとなった。

 

対外的な事務所業務は、昨日の正午で終了したが、午後は、事務員さんと一緒に事務所内の掃除。

夜は、私の友人の紹介の方の法律相談を受けた。

今日も、遠方に住む依頼者が京都に来られることがわかり、午後から打ち合わせの予定。

なんか最後までバタバタ。

よって、自宅内は、全く片付いていない。トホホ・・・

 

今年1年を振り返ると・・・

 

仕事については、丁寧にすること、そして依頼者とのコミュニケーションを大切にすることを心がけた。

高齢の依頼者の方の場合には、ご自宅に伺うことも何度かあった。

 

健康については、この1年、大きな病気はしなかったが、2月に膝を負傷するというアクシデントに遭い、「歩けない」というつらさを味わった。幸い、今は、登山もスキーもできるようになった。

また、歯周病にもかかったため、以前よりも、毎日、丁寧な歯のケアを行うようになった。

 

生活面では、「ミニマリスト」を知ったことが、私の日常に少し変化を与えてくれている。

なかなか思い切って物を減らすことはできていないが、掃除が苦手な私が日々のチョコチョコ掃除を行うようになったので、掃除が少し楽になった。

そして、何より、物よりも大切なもの・・・自分の時間、人との時間、自然、健康、心などへの比重がより高まっていった。

今年亡くなった登山家田部井淳子さんが、生前、病におかされながらも、福島の高校生たちに登山を通じて「あきらめない」という気持ちを伝えていったように、目に見えない何かを伝えられるような生き方がしたいと思った。

 

4月から通い始めた、Aちゃんの料理教室では、食に対する考え方等とても勉強になっている。また若い生徒さんとの交流も楽しい。

 

いくつになっても、新しいことに挑戦する気持ちを忘れないでいたい。

さて、来年は、どんな出会いがありますやら。

 

 

 

 

手作りのフォーク

 

友人のCさんから、彼女のパートナーさんが手作りされたフォークをいただいた。

何と、名前入り。

 

 

嬉しい。大切に使わせてもらおう。

 

エコなクリスマスの飾り付け

 

昨日の朝、出勤して事務所の前まで来ると、事務員さんが手に松の枝を持って立っていた。

聞くと、事務所の近所の住宅の庭で、植木屋さんが庭木の剪定をされており、正月用に使えないかと切られた松の枝をもらったとのこと。

すぐに私も、そこへ行ってみた。

トラックの荷台には、選定された枝が山積みされ、庭にある高い松の木の上では、オッチャンが一人で作業中。

「どれでも好きなだけ持って行きな~」

 

荷台を見ると、サツマスギ(?)の枝がある。

クリスマスの飾り付けに使える!と思い、何本かいただいた。

 

実は、今年は、クリスマス用の花を花屋まで買いに行く余裕がなかなかなく、パスしようかなと思っていた。

事務所に戻り、早速、スワッグの作成にかかる。

スワッグの作成と言っても、昨年、友人のTさんが作ってくれたスワッグ用のオーナメントは保管してあったので、私がしたことと言えば、スギを適当に切りそろえ、オーナメントを取り付けただけ。

 

早速、事務所の入り口の壁に飾る。

 

 

受付にも、クリスマス用の飾りを置いた。

 

 

すっかりクリスマスモードとなった。

とってもエコなクリスマス。

 

記事カテゴリー

月別アーカイブ