弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

テレビドラマ「ハケンの品格」、あの大前春子が帰って来た!

 

6月17日から日テレで始まった「ハケンの品格」の第1回を観た。

2007年に放映されたドラマの続編である。

面白かった!!

 

主人公の大前春子は、契約延長しない・担当セクション以外の仕事はしない・残業も休日労働もしない。

「ドクターX」の大門未知子ばりのハケン社員なのである。

それもそのはず、脚本は、ドクターXと同じく中園ミホ。

 

こんなハケン社員はおらんやろ~!と突っ込みたくなるが、大前春子は、世の中のハケン社員が言いたくても我慢して言えないことを代弁してくれるから痛快だ。

また、桜を見る会、セクハラ・パワハラ、テイクアウト弁当(消費税8%)は店内では飲食禁止、などの時事ネタも盛り込んである。

 

第1回の内容で特に印象に残ったのが、30代の女性ハケン社員に対するセクハラの社内調査の場面である。

 

目撃した別の20代のハケン社員が「セクハラを見た」と訴えると、人事部の正社員たちは、被害者女性が翌日、加害者の正社員にお礼のメールを送っていることを指摘し、本当にセクハラに遭ったなら、こんなメールは送らないでしょうとセクハラを否定する。

 

実は、私が以前に関わったセクハラ事件でも同じような場面があった。

この事件は、日本銀行京都支店長が部下の女性社員にセクハラをしたという訴訟事件で、当時は週刊誌にも載り、被害女性社員の全面勝訴となった判決は判例雑誌にも掲載され、かなり有名なセクハラ事件となった。

 

事案は、ホテルのVIPルームに誘われ、その部屋でセクハラ行為をされそうになったが、逃げて難を逃れたというもの。

その訴訟の中で、加害者側は、被害女性が翌日、支店長に「自責の念にかられている」というメールを送っていること等から、被害女性も好意を持っていたなどと主張した。

 

しかし、部下がセクハラをされても、上司の機嫌を損ねたくない・怒らせたくない、どんな嫌がらせをされるかわからないことなどを恐れ、このようなメールを返すことは不自然でも何でもないのである。

 

セクハラ事件の特徴もよく描かれていた第1回だった。

 

 

 

 

 

神戸家裁尼崎支部に行って来ました

 

(女性弁護士の法律コラム NO.251)

 

今日6月16日は、梅雨の中休みでカンカン照りの暑い日でした(マスクしていると、やはり暑いですね)。

コロナのため、ずっと事務所周辺をウロウロしていただけでしたが、今日は、JR京都駅から電車に乗って、神戸家裁尼崎支部まで行って来ました。

 

 

 

遺言書の検認手続があったからです。

 

遺言者が亡くなった後に自筆証書遺言が発見された場合や生前に自筆証書遺言の保管を頼まれていたような場合、遺言者が亡くなると、すみやかに家裁で遺言書の検認手続を行わなければなりません(民法1004条1項)。

検認手続では、裁判所がコピーをとることにより、後で遺言書が偽造されたり変造されたりすることを防止することを目的としています。

ですから、遺言書の有効・無効や、本人が書いたものかどうかなどを決める手続ではありません。

検認の期日は、家裁から相続人全員に通知が届きますが、出席は義務ではないので、出席するかどうかは、各相続人の自由です。

検認が終わると、家裁は、検認調書を作成するので、その謄本を申請すれば、手続の概要や遺言書の内容を知ることもできます。

 

今日は、申立人(遺言の保管者)は別の人だったので、私は、相続人の代理人として出席しました。

 

神戸家裁尼崎支部は、もうずいぶん前に、離婚訴訟で通ったことがありました。

JR立花駅で下車して、立花商店街を通り抜け、駅から10分位の所にあります。

庁舎は、以前とは違って新しく建て替えられていました。

暑い1日でした。

 

6月の日曜日

 

近畿は、6月10日梅雨入り。

ずっと雨続きでうっとうしい日が続く。13日(土)はかなり激しい雨だった。

14日(日)は、お昼頃から雨はやんだ。

 

人も車もコロナ自粛前の状態に戻っているような感じ。

街中を歩くと、マスクをつけていない男性が目立つ。

 

大津市の友人宅でランチするため外出。

最近は、「三密」を避けるため、たまに友人と食事をする場合でも、外食ではなく、食べ物を持ち寄って集まることが多い。

女性ならでは、できること?

友人は、お好み焼きと焼きそばを作ってくれた。

ボリュームあって、結構、本格的。

 

 

 

 

私は、なすとにしんの含め煮(右)と枝豆のヴィシソワーズ(中央)を持参。

 

 

おなか一杯!

楽しいひとときでした。

アベノマスク

 

役立たずのアベノマスクが、コロナ緊急事態宣言解除後の6月1日にようやく我が家に届いた。

と、思ったら、翌日、事務所のポストにも投函されていたので、人が居住していなくても、ポストがある所には、どこにでも配られることがわかった。

きっと空き屋にも投函されるんだろうな。

これに私たちの税金が何百億円も投入されたかと思うと、本当に腹立たしい。

 

布製マスクを作ってくれている友人が、アベノマスクをアレンジして改良してくれるとは言っていたが、京都市も回収していることを知ったので、京都市に提供しようかなと考えていた。

 

でも、生活保護を受けている依頼者の方に「要りますか?」と尋ねると、「欲しい」とのことだったので、差し上げた。

役立たずのアベノマスクでも無駄にはしないぞ。

 

 

 

ブログを再開します。

 

今年2月11日を最後に4ヶ月間ブログは止まったままとなっていました。

世間では、コロナ禍が始まりつつあった時期でもあり、その後は、想定を超える社会状況となりました。

そして、私自身をめぐる状況も色々なことが起こり、毎日事務所に来て仕事は続けていましたが、ブログだけは書くことができなくなっていました。

 

コロナの緊急事態宣言解除の動きと並行するように、私自身も周囲の環境も少しずつ落ち着き始め、やっとブログを書こうかなと思うようになってきました。

多かれ少なかれ誰もが感じていることだろうと思いますが、本当に周囲の人たちの支えがあって、私たちは生きているということを実感しています。

 

少しずつ前を向いて歩んでいこうと思っています。

3 / 20812345...102030...最後 »

記事カテゴリー

月別アーカイブ