弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

「無私の日本人」(磯田道史 著)と映画「殿、利息でござる!」

 

ソチと平昌の2度の冬季オリンピックのフィギュアスケートで金メダルを取るという快挙を成し遂げた羽生結弦選手。

その羽生クンが殿様役で映画初出演したのが2016年5月に公開された「殿、利息でござる!」。

 

歴史学者磯田道史先生原作の映画「武士の家計簿」を観たという人が、磯田先生に「私の故郷・吉岡宿にも、涙なくして語れない立派な人たちがいたので、本を書いてください」と連絡があった。

それで、磯田先生は、「國恩記」という資料を読んで感動し、「穀田十三郎」という著作にまとめ、それを原作として映画化されたのが「殿、利息でござる!」である。

 

2018年1月17日付けのブログで書いたように、磯田先生の「日本史の内幕」を読み、磯田先生の「無私の日本人」という文庫本の中にこの「穀田十三郎」という著作があることを知り、無性に読みたくなり読んでみた。

と同時に、たまたま映画「殿、利息でござる!」の方も観ることができた。

 

ストーリーは・・・

250年前の江戸時代、仙台藩の宿場町・吉岡宿(現在の宮城県黒川郡大和町)。

宿場には、年貢だけではすまず、「伝馬役」という負担があり、藩が公用で街道を往来するといって人馬を強制的に徴発していく。

飢饉のたびに、住人が町を逃げ出していく。

「このままでは吉岡は亡ぶ」そう考えた十三郎が、智恵者の菅原屋篤平治から町を救う計画を聞く。

それは、金がない仙台藩に大金を貸し付けることによって、年々、利息をもらい、住人に配るという逆転の発想だった。

そして、ついに、数人の仲間たちが私財を投げ打ち、1000両(約3億円)もの金を藩に貸し付け、町を救うことができた・・・

 

町の住人が藩に金を貸し付けるなどという大それたことが簡単に進んだわけではなく、その実現には何年もかかったが、ただただ吉岡の繁栄を願う「無私」の心が政治を動かした。

 

貧しい東北の地で、このような実話が存在したことは、本当に感動的である。

いや、貧しい東北の地であったからこそ、個人が私利私欲に走らず、成し遂げることができたのかもしれない。

 

なお、羽生クンは、仙台藩の殿様として、映画終盤に登場。

殿様自ら功労者の一人である住人の酒屋を訪れ、酒の名前の命名して与えるという役どころ。

映画の出演オファーに、最初はスケート選手だからということで断ったそうだが、原作の「無私の日本人」を読んで感動し、出演することになったとのこと。

 

 

 

 

 

 

福地温泉の「青だる」

 

岐阜県の奥飛騨温泉郷の1つに「福地温泉」がある。

福地温泉は、有名な平湯温泉のすぐ近くにあるが、宿は数軒で、平湯温泉よりも静かでひなびた感じが好きだ。

昨年の秋、上高地を訪れた帰りに初めて立ち寄り、すっかり気に入ってしまった。

 

そして冬季には、「青だる」と呼ばれる氷柱が見られることを知り、先日、再び、福地温泉を訪れた。

 

 

「青だる」とは、岩から滴り落ちる水が凍りついて、青い氷の帯のように見える現象のことを言う。

実際には、温泉の近くにある福知山(1671M)の山奥でしか見られない自然の産物を、福地温泉では沢の水を温泉街の木々に噴霧し、人工的に「青だる」を再現している。

道路脇に作られているので、誰でも、見ることができる。

 

 

人工的に作られたものとは言え、とても幻想的で、見事な景色だった。

夜はライトアップされているが、さすがに零度以下の気温で、宿から歩くと距離もあったので、見に行くことはあきらめた。

 

次は、春か秋に、福知山に登りに行こうと思う。

 

 

 

バカげた、カジノの「依存症対策」政府原案

 

2016年12月にカジノ法が政府与党や日本維新の会などの賛成によって成立しました。

ただ、カジノ法は、あくまで「統合型リゾート(IR)を作るための整備を進めましょう」という基本となる法律であって、実際にカジノをオープンするには、それを具体化する実施法案という法律を成立させる必要があります。

 

2016年12月15日付けブログでも書きましたが、このカジノ法には、ギャンブル依存症への懸念が非常に強くあります。

そこで、政府は、2018年2月15日、日本人や日本在住の外国人の入場を「7日間に3回」かつ「28日間で10回」までに制限するなどの内容を盛り込んだ原案を、自民、公明両党に示しました(2018年2月16日付け毎日新聞)。

 

週3日、月10日であれば、依存症になる心配はないと本気で思っているのでしょうか?

バカバカしくてお話になりません。

 

今日(2月19日)、たまたま読んだ中日新聞の1面「中日春秋」には、古い小噺にからめてこのカジノ依存症規制の政府原案のことが書かれていました。

ネットで調べたところ、「禁酒期間」という小噺だそうです。

面白いので新聞に書かれていたその小噺を引用します。

「願いごとがあって、願をかけて3年間酒を断つことにした。しかし、やっぱりつらい。それで、その期間を6年間に延ばして、夜だけは飲んでもかまわないことにした。夜だけにしてみたが、やっぱりつらい。そこで断酒の期間を12年間にしてもらって、毎日朝晩飲んでいる」

 

本当に身勝手な「禁酒」方法です。

「週3日」なら「ギャンブル依存症ではない」という政府原案も、これと全く同じではないでしょうか。

でも、とうてい笑い話ではすまされません。

 

 

 

 

 

 

バルミューダのトーストを食べてみました

 

メディアで盛んに宣伝されている、バルミューダの高級トースター。

たかがトースターなのに、値段が2万円以上。

 

「感動するほど美味しくトーストが焼ける」という、うたい文句が私の頭から離れない。

ほんとかなあ・・・

テレビの「カンブリア宮殿」でも放映され、もちろん絶賛されていた。

喫茶店のモーニングに利用している所もあるとか。

朝食が食パン派の私としては、一体どんな味なのか、無性に食べてみたくて仕方がなかった。

でも、大型電気店に行っても、試食させてくれる場には、なかなか出会えない。

 

そんな折り、なんと、宿泊したホテルの朝食バイキングに、このバルミューダトースターが置いてあった!

 

 

パンの焼き方も書かれてあった。

まず、トースターの扉を開けて、パンを置く。

次に、上部のトレイに専用のコップで5ccの水を入れる。

左のダイヤルでパンの種類を選ぶ。

右のダイヤルで時間を設定する(食パンなら2.5分から3.5分)。

 

この方法、「水を入れる」ところが、美味しさの秘密だそう。

 

出来上がりがこれ!

 

 

見た目は普通。

一口、食べてみる。宣伝のとおり、「外はカリッ、中はモッチリ」。

確かに、とても美味しい。

特に、外側の「カリッ」の部分が薄いのがイイ。

 

帰宅して、バルミューダの味を覚えているうちにと、以前、テレビで放映していた「食パンの美味しい焼き方」の1つである「魚焼きグリルで焼く」という方法で焼いてみた。

魚焼きグリルでも、受け皿に水を入れるので、原理は同じだろうと想像する。

我が家のグリルは、火加減を自動調節してくれる機能がないので、何分間グリルするかが難しい。

少し目を離すと、焦げてしまうので、慎重に・・・・

 

まあまあ成功かな(写真はなし)。

味はと言うと、確かに、魚焼きグリルでも、外はカリッ、中はモッチリ。

ただ、「外のカリッ」部分がバルミューダと比べると厚い。

今度は、もう少し、グリルする時間を短くしてみようかな。

 

結論は、確かに、バルミューダは、手軽に美味しいパンが食べられる優れ物だが、やはり2万円を超す金を投資するには高すぎるということで自分の中で得心した。

 

 

奨学金の返済

 

Yahooニュースで、奨学金の返済についての記事を読んだ。

確か、例えば、大学在学時に400万円の奨学金を借り、それを卒業後の10月から毎月利息込みで1万6000円ずつ返済する場合、その返済は40代まで続くというような書き出しの記事だった。

そして、奨学金が返済できず、自己破産する人も多数いるとのこと。

本人は自己破産で支払を免れても、連帯保証人(たいていは親や親族)の責任は免れない。

連帯保証人まで連鎖破産する場合も・・・

 

20代で結婚する場合、その時点で既に数百万円の借金を背負って結婚することになる。

これでは、若い人がなかなか結婚に踏み出せない事情もわかる。

少子化もまたしかり。

 

先日、知人の娘さんが今年大学を卒業し就職も決まったと聞いたので、久しぶりに会って話をした。

やはり高額な奨学金を返済しなければいけないと言っていた。

本来、社会人となるという夢と希望に満ちあふれているはずなのに、就職後の厳しい生活の不安の方が大きい。

 

私たちが大学生の頃には、考えようもなかった現実である。

 

教育は未来への投資。

今の日本の税金の使い方は絶対に間違っている!

 

 

 

記事カテゴリー

月別アーカイブ