弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

養育費の約束と増額・減額

離婚した男女が子どもの養育費をめぐって、昨年、家裁に申し立てられた件数は12万1424件で、過去最多となりました。

最近は、これまで養育費を求めてこなかった女性側が新たに支払いを求めるケースも増えているそうです。

未成年の子の親は、当然、その子に対して扶養義務を負います。

離婚の時には、取り決めしなかった場合でも、子が未成年の間は、いつでも養育費を請求できます。

また約束している場合でも、その後に親や子をめぐる事情に変化が生じた時には、その事情によっては養育費の増減を求めることも可能です。

当事者間で十分な話し合いすることが望まれますが、できなければ、家裁に申し立てて解決を図りましょう。

 

 

非嫡出子の相続分 違憲の可能性

民法では、正式の結婚によらないで産まれた婚外子(非嫡出子)の相続分は、嫡出子の半分となっています(民法900条4号)。

しかし、子ども自身は親を選べるわけではないので、この規定は、社会的身分による差別を禁じた憲法14条に違反するという議論がありました。

最高裁は、1995年合憲判断をしましたが、去る7月7日最高裁は、この規定の憲法違反が争点の事件で大法廷に回付し、合憲判断が見直される可能性が出てきました。

一日も早く、子どもの人権を尊重する、違憲判決が下されることを望みます。

 

 

 

ボン・ボランテの食パン

昨日、依頼者Hさんが、ボン・ボランテ(河原町荒神口下る)の食パンをわざわざ届けてくれた。

予約しないと、なかなか手に入らないとのこと。

早速、今朝いただく。

土窯で焼いているそうで、こうばしい味で、はまりそう・・・

 

初登場のごあいさつ

 

「ホ・ウ・リ・ツって何ですか?」

 

国語辞典には「国民が従わなければならないと定められた、その国の決まり」と書かれています。「法律なんて難しいからワカンナイ」なんて思っておられる方が多いのではないでしょうか。

 

でも、私たちの身のまわりには、いっぱい法律があって、知らず知らずのうちにそれらに従って行動してるんです。たとえば5月5日は「こどもの日」で祝日ですね。これだって、ちゃんと「国民の祝日に関する法律」で定められているんです。未成年者の喫煙禁止しかり(未成年者の喫煙禁止法)、NHKの受信料(放送法)しかり。

 

また法律を知らないとソンすることもたくさんありますよ。たとえば、法律で色々な権利が定められていても、一定の期間、使わないと「時効」で消えちゃうこともあるんです。「そんな法律知らんかった」とあとで後悔しないように、気づいた時にはもう遅すぎたということにならないように、法律の基礎的なことを知って賢くなりましょう。

 

このコラムが皆さんの少しでもお役に立てたらと思っています。

初ブログです。よろしく!

 

事務所ホームページのリニューアルとともに、ブログを始めることになりました。これまでは、だいたい1ヶ月に1回のペースで「マチベンの日々」を書いてきましたが、これからは、ブログとしてできるだけ頻繁に更新していきたいと思っています。超アナログ人間なんで、続くかどうか、ちょっと心配ですが…。

 

まず、あらためて簡単な自己紹介から。

 

趣味は、登山(日本百名山達成間近?)。走ることより、歌うことより、踊ることが大好きです。でも20年続けたフラメンコは五十肩をきっかけにただ今お休み中。あとは、フラワーアレンジメント、絵手紙などなど…広く浅く何でもやってみたい性分です。

 

生活信条は、シンプルライフ。物を「持たない」「捨てる」「自然体で生活」を心がけていますが、これがなかなか簡単ではありません。

 

では、よろしくお願いします。

211 / 211« 先頭...102030...207208209210211

記事カテゴリー

月別アーカイブ