弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

楠木新氏の「『定年後』に輝くための7カ条」(週刊文春)

 

9月7日発売の週刊文春を購入した。

別に、山尾志桜里衆議院議員の不倫疑惑記事が読みたかったわけではない。

めったに買わない週刊誌を買ったのは、「楠木新氏が教える『定年後』に輝くための7カ条」という記事が読みたかったからだ。

 

実は、楠木新氏(注、ペンネームです)は、大学の時のクラスメートである。

大学卒業後は全く交流がなかったが、数年前から毎年開催されているクラス会で再会し、50歳の頃から会社に勤務しながら、「楠木新」という名前で執筆活動をされていることを知った。

「人事部は見ている」(日経プレミアムシリーズ)とか「働かないオジサンの給料はなぜ高いのか」(新潮新書)など、結構、その著書は人気がある。

最近出版された「定年後」(中公新書)という本は、発行部数が20万部を超えたとのこと。

先日、書店に行ったら、この本が平積みしてあったので、やはり人気があると確信した。

 

今回の週刊文春の記事では、数多くの定年退職者や、中高年以降に会社員から異なる仕事に転身した人たちの取材から、定年後をイキイキと過ごすための行動のヒントが7カ条にまとめられている。

以下は、その要約。

 

第1条 退職3年前には準備を始める

自分の立場を変える、それまでの世界とは違う「面白いこと」を身に着けるのには、3年程度の時間が求められる。

より早くスタートする方がスムースに進み、選択の幅が広がる。

 

第2条 お金がもらえる趣味を探す

収入があるということは、誰かの役に立っていることであり、社会的なつながりを持つ活動になる。

また、自分の力量をアップすることにもつながる。

 

第3条 同窓会で子ども時代の自分を発見

子どもの頃と今がつながっている。

 

第4条 若い頃は趣味より仕事

40歳位までは懸命に仕事をした人の方が、その後の仕事の選択の幅が広がる。

働いている組織をよく知るためには、一度は仕事にどっぷりとつかった方が良い。

 

第5条 個人事業主に学ぶ

個人事業主は社会と直接的につながっている。

個人事業主に接触すると、会社員の自分を客観化することができる。

 

第6条 ロールモデルを探す

会社員から転身した人で、こうなりたいと自分が思う人に近寄り、時間と空間を共有しながら、その人と自分を重ね合わせてみる。

個性も経歴も異なったとしても、自分の歩む道も見えやすくなる。

 

第7条 自分を変えるのはムリ

自分自身を変えるのは難しい。自分を変えようとするよりも、ありのままの自分をどこに持っていけばよいのかを検討する方がうまくいく。

 

番 外 挫折や不遇体験は役に立つ

自分の悩みに関わることや、そこから派生することがきっかけで一歩前に踏み出す人が多い。

ここで大切なことは、悩みや挫折から目をそむけないこと。

 

楠木氏は、60歳の定年後から、他人の支援や介助を受けなくてすむ75歳くらいまでの期間を「黄金の15年」と名付けて、ここが人生後半戦の勝負所だとする。

 

そして、また、楠木氏は、最後に「顔つきがポイント」と言う。

「発言では美辞麗句を並べることはできても、顔つきだけはごまかせない」「その人の内面の状況をあらわすのは顔つきであるからだ」と。

「自分にとって本当に大事なものや、自分が果たすべき役割に気づいた人は、優しいまなざしをもった穏やかな表情になる」

「定年後は『いい顔』になることに取り組んでみればいいわけだ」と結ぶ。

 

私たち弁護士は、多くは、上記の個人事業主であり、定年はない。

それがいいか悪いか・・・

なぜかというと、「黄金の15年」をどう生きるのかを考えることなく、これまでと同じようにダラダラと人生を過ごしてしまう「恐れ」もあるからだ。

今のままでいいのか、と常に自問自答している。

 

最近は、大学のクラスには参加できていない。

来年は参加して、楠木氏と話をしてみたいと思った。

 

ずっと天候不良だった今年の夏山登山(その2~烏帽子岳・野口五郎岳)

 

●8月4日 烏帽子岳(2628M)、8月5日 野口五郎岳(2924M)

 

烏帽子岳から野口五郎岳へという裏銀座縦走コース。

ちなみに、歌手の野口五郎は、この野口五郎岳から芸名を取ったとのこと。

私は、1999年8月にこのコースを歩いたことがあり、今回は18年ぶりに同じコースをたどった。

 

前夜は、七倉山荘に宿泊。18年前にも宿泊した七倉山荘は、当時は、山小屋と民宿の中間のような雰囲気だったが、とても綺麗に改装され、部屋(個室)にはテレビもあり、浴場には露天風呂もあってまるでホテルのような浴室だった。食事もとてもおいしかった。

 

朝一番(午前5時半)に東京電力のゲートが開くのと同時にタクシーに乗って、高瀬ダムまで。ここからは、徒歩で行くか、タクシーでしか入れない。

高瀬ダムは、岩を積み重ねたロックフィルダムで堤高は176m、黒部ダムに次いで日本2位の高さ。

ダムの最上部でダクシーを下りる。

 

 

トンネルからスタートし、長い吊り橋を渡り沢を渡ると、ブナ立て登山口。

登山口の手前にある沢は、普段は小さな沢だが、雨が降ると、山の上から土石流が流れることがあり、1998年夏には、大学生二人がこの沢で流され、一人が死亡した。

私が前に登った1999年には、亡くなった女子大生の碑があったが、今回、その碑は見あたらなかった。

 

 

ブナ立て登山口。

高瀬ダムから烏帽子岳までの登山道は、ブナ立て尾根と呼ばれ、北アルプスの三大急登の1つと言われている。

この登山口から烏帽子小屋の付近までの登山道には、⑫から①までの番号がついた標識が立てられており、目安となる。

 

 

三大急登とは言うもののストックが使える程度であるが、この日は、気温が高く風もなく、蒸し暑く、苦しい登りであった。

 

でも、高山植物もたくさん咲いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④は三角点。もうバテバテである。

 

 

 

何度も休みながら、やっと烏帽子小屋に到着。

周囲の山々にはガスがかかって、あまり見えない。

それでも、小屋の前には、たくさんのイワギキョウが群生しており、疲れを癒してくれた。

 

 

 

小屋の前で30分ほど休憩を取った後、烏帽子岳に向かう。

 

烏帽子岳

 

 

烏帽子岳の頂上直下は、かなり急な岩場で、怖かった。

「怖い」という記憶があまりなかったということは、18年前は、軽々登れたのかな・・・・

狭い頂上に立ったものの、ガスで何も見えず、人もたくさんいたので、早々に下山。

 

小屋に戻る途中、雷鳥と出会う。

 

 

翌朝は、午前5時15分に出発し、野口五郎岳に向かう。

起床した時には晴れていたが、すぐにガスが上がってきた。

途中一瞬、槍ヶ岳が見えたが、その後は、ひたすらガスの中を歩く。

野口五郎岳もガスの中。

 

 

写真だけを撮って、先に進み、分岐から湯俣温泉方面に竹村新道を下山した。

ただ、これがまた、かなりザレた登山道のハードな下りで、湯俣温泉に着いた頃には、もうヘロヘロになった。

 

この裏銀座縦走コースは、表銀座コースと異なり、登山者もそれほど多くなく、しかも晴れていれば、すっと槍ヶ岳を眺めながら歩くことができる絶景の快適コースである。

今回は、全くその醍醐味を味わうことができなかったことが、つくづく残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと天候不良だった今年の夏山登山(その1~仙丈ケ岳)

 

もうすぐ8月も終わろうとしており、今年もいくつかの夏山に登った。

しかし、今年は、2017年7月25日付けブログで書いた北海道を始め、どこの山に登っても天候不良で、自分が本当に「雨女」かもしれないと思ってしまう。

 

田部井淳子さんをはじめ、著名な登山家たちは、その著書などで「雨の日の登山も楽しい」と書かれているが、周囲の山々が何も見えない中を黙々と歩いていくのは、正直つらかった。

 

●7月23日 仙丈ヶ岳(標高3033M)

 

仙丈ヶ岳は、南アルプスの山で、日本百名山の1つ。

私は2013年7月に日本百名山を完登したが、100座の山を登ったうち、雨の中を登った山もいくつかあり、仙丈ヶ岳もその1つであった。

仙丈ヶ岳は、花の百名山でもあるので、是非、高山植物が咲く頃に登ってみたかった。

当初の天気予報では晴予報であったが、直前に天候悪化となった。

 

前夜、北沢峠のこもれび荘(綺麗に改装されていた)に泊まり、翌朝午前5時15分出発。

天候は曇りで、周囲の山々はガスで見えない。

沢沿いの登山道を登る。沢にはまだ所々雪渓が残っていた。

 

 

高山植物もたくさん咲いている。

 

ウサギギク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キバナシャクナゲ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢から離れ、樹林帯の登山道を少し登ると、馬の背ヒュッテという山小屋が現れた。

しかし、この辺りから雨が降り出す。

馬の背ヒュッテから尾根を歩き、急坂を登って仙丈小屋に到着。

小屋の自炊室で昼食を食べていると、少しだけガスが切れ、仙丈ヶ岳の頂上が見える。

昼食後、登頂。

 

 

ガスが取れることを期待して約20分ほど頂上にいたが、結局ガスは取れず、泣く泣く下山した。

 

 

 

 

 

 

原爆投下は、京都が最優先標的だった(米側機密資料)

 

2017年8月22日付け京都新聞朝刊「こころに社会を刻む」という特集記事で、第2次世界大戦末期、京都が原爆の投下目標の最優先標的としてリストアップされていたことを取り上げていた。

 

記事によると、京都が原爆投下目標となった経過は、次のとおりだ。

 

●1945年4月27日 原爆の「標的委員会」初会合。優先順位①広島②京都③横浜。

標的選定については、①日本に最大限の心理的効果を与えること、②公表時、世界中にこの兵器の重要性を認識させるため、最初の使用は壮大なスペクタルになるようにすること。

そして、「知的水準の高い人がいる京都は兵器の意義をわからせる上で優位だ」と報告された。

●同年5月10・11日 第2回「標的委員会」。原爆投下の第1目標を京都に。以下、広島、横浜、小倉、新潟。

●同年5月28日 第3回「標的委員会」。原爆の標的都市は通常の爆弾で空爆せず、「保全」するよう空軍に要請することが決定される。

●同年5月29日 横浜は標的リストから外れたため、この日、横浜大空襲。

●同年7月16日 米ニューメキシコ州で初の原子爆弾の爆発実験に成功

●同年7月25日 広島・小倉・新潟・長崎を標的とする原爆投下指令

京都は、最初の投下目標から外れ、8月中旬の3発目の原爆投下の対象として想定。

●同年8月2日 米空軍、①広島②小倉③長崎に6日投下を発令

●同年8月6日 広島に原爆投下

●同年8月9日 小倉が視界不良のため、長崎に原爆投下

●同年8月15日 日本が降伏

 

標的の選考は、地形や建物の分布は爆風の効果を測定しやすいかや、心理的ダメージの大きさが重要項目で、文化財はまったく考慮されていない。

京都の爆心地は、京都市下京区の梅小路機関車区(現在の梅小路公園)に設定されていた。

京都は最後まで標的から解除されなかったのであった。

 

京都と同じく投下目標だった小倉(現在の北九州市)では、市が平和資料館建設の整備計画を進めている。米軍が原爆を落とそうとした歴史も展示する予定だ。2010年には非核都市宣言も出している。

 

もし、戦争がもう少しだけ長引いていたら、京都にも原爆が投下された可能性は非常に高い。

その意味で、京都の自治体は、被爆の准当事者として、もっと核兵器禁止の問題や平和の問題に取り組んでいかなければならないと強く思う。

 

 

 

 

京の路地裏のレストラン「ORTO」

 

8月16日、京都五山の送り火の夜。

「今年は雨が降らなくて良かったね」(昨年、大雨でした)と言いながらも、送り火を見ることはなく、食事に出かけた。

 

京都の路地裏のレストラン「ORTO」(オルト)(衣棚通三条下る)。

2017年8月5日放映のテレビ朝日の番組「LIFE~夢のカタチ」では、「ORTO」のオーナーシェフ谷村真司さんが登場した。

 

「ORTO」はイタリア語で「菜園」という意味。

京都府久御山町の実家で取れた野菜やハーブをふんだんに使って、一皿一皿の料理を、まるで絵画のように作り上げる。

場所も近いので、行ってみたいと思った。

 

普通、テレビで放映されると、しばらくは予約が取れないものだが、16日は送り火を見に行く人が多いせいだろうか、思いがけず、予約を取ることができた。

 

店は、細い路地裏にあった。

1階はカウンター席で、2階はテーブル席。

夜は、コース料理のみ。

メニューには、メインの素材の名前しかかかれていない。

 

まずは、「前菜」

豚肉を使った揚げものとフルーツソース。

 

 

「茗荷」(みょうが)

黄色の茗荷の花の下には、しまあじのお造り。それを右横のシャーベットで混ぜながらいただく。

 

 

「鮎」

川のようなイメージで描かれているのは、バジルソース。

 

 

「茶そば」

茶そば・おくら・きゅうり・たこが混ぜ込んである。

 

 

「菜園」

もしかしたら、この料理がORTOの本当のメインかもしれない。

実に40種類以上の野菜とハーブと花が使われているサラダ。

 

 

「鰻」(うなぎ)

鰻になすが沿えてあり、上にはなすの皮も乗っている。

 

 

「雲丹」(うに)

「箸休めです」と。エッ!箸休めに雲丹!!雲丹の下には、もずく酢とクリーム

 

 

「夏鹿」

初めて鹿肉を食べた。赤身肉で食べやすい。

 

 

「キーマカレー」

メニューには載っていないが、シェフが作ったスパイスと鹿肉を使ったカレー。

 

 

「西瓜」(すいか)

デザートの1番目は、西瓜とシャーベット。

 

 

「無花果」(いちじく)

デザートの2番目。

 

 

どの料理もとてもおいしく、1皿の量は少な目だが、おなかは一杯になった。

久しぶりに優雅な夕食となった。

また季節を変えて、訪れてみたい。

記事カテゴリー

月別アーカイブ