弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

大文字山から滋賀県の三井寺へ

 

2017年4月16日(日)は、晴天に恵まれた。

絶好の登山日和、お花見日和である。

でも、午後から、京都市内の円山音楽堂で、京都弁護士会主催の「共謀罪の制定を阻止する市民集会」がある。

それに間に合うべく、午前7時半過ぎに自宅を出発。

大文字山に向かった。

 

今回は、大文字山を越えて、滋賀県の三井寺まで歩く予定。

三井寺の桜は、きっと満開!

実は、2年前にも同じルートを歩こうとしたが、三井寺の直前で、下山の登山道がわからず、違う場所に下りてしまい、三井寺には行けなかった。

そのため、今回は、ネットの登山ブログを調べて、わかりにくい下山の登山道を確認して出かけた。

 

銀閣寺の登山口から上り始める。

 

 

上から下りて来る人と何人もすれ違う。

みんな、朝早くから登ってるんやなあ・・・

 

火床を経て、大文字山山頂へ。

晴天なのに、京都市内が霞んで見える。

 

山頂を経て、四つ辻から、如意ケ岳方面へ。

 

 

ほぼ平行移動。

如意ケ岳の山頂には、レーダー施設があって、山頂がどこかはわからない。

 

そこからは、アスファルト道となる。

三井寺へ下山するための登山口を見落とさないように、注意深く歩く。

 

ここだ!

 

 

よくよく見ると、ガードレールの切れ目に、薄く「三井寺」と矢印が書かれてある。

わかりにく~い!

誰か、標識を付けてよ!

 

急坂をどんどん下る。

 

そして、やっと三井寺に到着。

三井寺の桜も散り始めていたが、それはそれで美しい!

 

 

 

桜を堪能した。

 

今回初めて、大文字山から三井寺まで歩いたが、それほどアップダウンはないものの、距離が長く結構疲れた。

 

午後の集会のパレードも含め、よく歩いた1日だった。

 

 

 

 

 

共謀罪(テロ等準備罪)の制定を阻止する市民集会(京都弁護士会主催)

 

前日の雨で、2017年4月16日(日)は京都市内の桜も散り始めたが、晴天に恵まれ、絶好のお花見日和となった。

そんなお花見客でにぎわっている円山公園内の音楽堂で、京都弁護士会主催、日本弁護士連合会共催「共謀罪(テロ等準備罪)の制定を阻止する市民集会in京都」が開催された。

 

私は、午前中、大文字山を登って滋賀県の三井寺まで歩き、三井寺の満開の桜を堪能した後、午後1時半から始まった集会に参加した。

 

4月14日に衆議院法務委員会で審議入りした「共謀罪」法案。

2人以上が犯罪の計画を相談(共謀)して、その後に準備行為を行うと、計画が実行されなくても、その相談(共謀)自体を罰しようとする法案である。

過去、3度も廃案になった「共謀罪」を「テロ等準備罪」と名前を変えてまた出してきたのである。

 

集会は、まず、始めに、主催者を代表して、木内哲郎京都弁護士会会長の挨拶。

後方に並ぶのは、歴代の京都弁護士会会長の皆さん。

「廃案になるまでたたかう」との力強い挨拶。

 

 

 

 

メインの講演は、日弁連共謀罪法案対策本部副本部長の海渡雄一弁護士と、高山佳奈子京都大学教授。

 

 

 

海渡弁護士と高山教授は、共謀罪法案の問題点をわかりやすく解説された。

 

共謀罪の主体は、「組織的犯罪集団」であり、「一般の人には関係がない」と説明されているが、何が「組織的犯罪集団」にあたるかの具体的な基準はなく、例えば、労働組合、保育所を作れという会や原発反対の会などの市民団体まで、範囲がどんどん広がる可能性がある。

 

そして犯罪にあたる「準備行為」は、メールやラインなどのSNSや、ATMで出金するようなごく日常的な行為まで該当する可能性もある。

 

東京五輪のためというのは、全くの口実。

今以上に、国民を監視する社会になってしまう。

 

そして、最後に、約1700人の参加者が、「共謀罪NO!」の意思を表明。

平和な日本をめざして、共謀罪を廃案にするための「共謀」を大いに行いましょう!

 

 

集会終了後、京都市役所前までパレード。

 

 

 

 

自宅の鍵紛失事件

 

昨年12月のこと。

いつも持参している自宅の鍵がどこにも見あたらない。

その時持っていたバッグの中身をすべて出してもない、着ていた古いスキージャケットのポケットの中にもない。

自分で玄関のドアを開けて中に入ったのだから、どこかにあるはずと思って心当たりを捜したが、捜しても捜しても見あたらない。

 

消耗・・・・

 

もしかしたら、鍵でドアを開けた後、玄関前で落としたことに気が付かず、誰かが持って行ってしまったんじゃないかなあ・・・と心配・不安はどんどん膨らんでいった。

 

結局、捜すのをあきらめた。

 

年がかわって3月になった。

ある日、古いスキージャケットを着ていると、何か背中にゴソゴソ当たる物がある。

このスキージャケットは背中にフードなどが入れられるようなポケットが付いている。

出てきたのは、鍵!

なあんだ、ジャケットの前のポケットに入れたつもりが、間違えて背中のポケットに入れていたんだ。

 

この話を友人にすると、「ある、ある」と盛り上がった。

その友人は、鍵の置き場所を決めて、必ずそこに置くようにしているとのこと。

自宅内に家族がいても、必ず自分の鍵で開け閉めするとも。

 

そして、その友人が「最近こんな物があるんですって」と新聞情報から教えてくれた物は、キーファインダー。

なくしやすい鍵などにキーホルダーのような受信機を取り付け、専用リモコンのボタンを押しながら捜すと、近づくと「ピー」という音で受信機が反応し、見つかるという商品。

基本は家の中で使うタイプが多く、外でなくした場合は見つからない。

でも、認知症の家族がいる場合にも、役立っているらしい。

 

すごい商品が出ているもんだ。

いずれお世話になるかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

口腔崩壊

 

思いがけず歯周病になって以来、前よりも、歯のケアを心がけている。

朝起きてすぐ歯を磨く、朝食後にまた磨く、就寝前には、歯みがき以外にフロスも。

半年毎の定期検診にも行っている。

これで「8020」(=80歳になって自分の歯を20本以上保つこと)は実現するだろうか・・・

 

新聞で「口腔崩壊」という言葉を知った。

10本以上の虫歯や、歯根しか残っていない未処置歯が何本もある状態のことをいう。

最近、子どもや若者に増えているとのこと。

 

経済的貧困を如実に表す現象の1つに、子どもが虫歯を治療できないことがある。

例えば、2015年度の沖縄県内の市町村立小中学校の歯科検診で、虫歯が10本以上あるとされた児童・生徒がいたのは52%の57校以上に上り、このうち半数以上の35校が貧困の影響を指摘したとのこと。

「片親で生活に余裕がない」

「非正規雇用で生活が不安定なため、子どもの歯医者のために仕事を休めない」

全体的には子どもの歯の健康レベルは上がっており、中には、高額な医療費を出して歯列矯正を行う子どももいる。

要するに、社会の格差が、子どもの口腔内の健康格差につながっているのだ。

 

北欧では、成人まで健診と治療を無料で行い、予防教育も徹底するなど、口腔内の健康は「国と社会の責任」という考え方が定着している。

国が貧困対策を言うなら、口腔内の健康にも責任を持つべきである。

 

テレビ局からの電話にドキッ!

 

今日、東京の某テレビ局から電話があった。

私は観たことがないが、あるバラエティー番組の担当者と言っていた。

テレビ局から電話があることなど滅多になく、悪いことをしているわけでもないのに、ドキッとして思わず身構えてしまった。

 

電話の内容は、私が事務所のホームページの法律コラムに書いた「死後離婚」の記事を読んで尋ねたいことがあるということだった。

どう検索して、私のコラムに到達したんだろう・・・??

NHKテレビで2度程「死後離婚」のニュースを観て、「姻族関係の終了」のことを「死後離婚」と呼んでいたことが面白くて書いただけだったのに・・・

 

「番組で扱うことになったら出演をお願いするかも」なんて言われたので、「テレビに出るのはイヤです」と答えた(笑)。

「姻族関係の終了」なんて弁護士なら誰でもコメントできますよ。

 

民法に「姻族関係の終了」という条文があることすら知らない人もいるだろうから、バラエティー番組でも、取り上げてくれた方がいいかなあ・・・

 

 

 

 

 

 

記事カテゴリー

月別アーカイブ