弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

散々だった雨乞岳(あまごいだけ)

 

雨乞岳は、鈴鹿山脈の第2峰(1238m)で、滋賀県東近江市と甲賀市にまたがる山である。

山頂に小池(大峠の沢)があって、古くから雨乞信仰の山として下流農民がこの池に登拝していたのが、山の名前の由来らしい。

 

2018年9月の連休の15日(土)・16日(日)は雨予報で、17日(月・祝)は天気は回復するということだったので、17日に山に登ることにした。

 

さて、問題は、雨乞岳というこの山である。

最初からあまり気は進まなかった。

その最大の理由は、ネット情報だが、「道迷い」が多いということ。

2番目に、梅雨から晩秋かけては、ヒルが出るということ。

でも、「どうしても行きたい」という同行者の熱意(?)に抗えず、しぶしぶ行くことにした。

 

それでも、心配性の私は、前の晩、ネットで雨乞岳の登山記録をいくつも読みあさり、道迷いし易い場所などを頭に入れた(つもりだった)。

 

午前9時、鈴鹿スカイラインの武平峠の駐車場(滋賀県側)に到着する。

初心者コース(のはず)のクラ谷ルート登山口は、駐車場近くにあった。

しかし、せっかく登山届を準備して持参したにもかかわらず、ネットブログの過去の写真には写っていた、登山口に設置されていたはずの登山ポストはなくなっていた。

 

登山口

 

クラ谷コースは、この登山口から雨乞岳山頂まで、ルート上に①から⑨までの看板が設置されているようだった。これなら安心。

出発時点では、天候は薄曇りで、太陽も見え隠れしていた。

 

 

登り始めこそ、植林された木立の中をゆるやかに登ったが、すぐに急坂となり、登山道は荒れ、幅が狭い所を何カ所も通過した。

それでも、登山道のテープを確認しながら進んだ。

 

看板③で休憩した後、やや下った場所に、次のような標識が木につるされていた。

 

 

前の晩に読んだネット情報では、コクイ谷出合は、迷い易いコクイ谷ルートの先にある場所だ。

こっちに行ってはいけないんだ、と思い込んでしまった。

そして、この標識の左前方方向にも登山道があって、木にテープもついていたため、そちらの道を進んでしまった。

 

登山道はあまり鮮明ではなかったが、木にテープがしっかり装着されており、それをたよりに進んだ。

アップダウンを繰り返して登っていったものの、この登山道は「谷」というより「尾根」で、しかも、そこにあるはずの看板④に出くわさない。

やっとつながった同行者のスマホアプリで確認すると、どうやらクラ谷コースと平行する「群界尾根」(ぐんかいおね)であることがわかった。

前の晩に、A弁護士の雨乞岳のブログを読んだ中に「群界尾根」コースを登った記録があった。

昭文社の登山地図には、まだ登山道として表示されていないバリエーションルートだ。

気づいた時点で既に標高1000m辺りまで来ていたので、そのまま進むことにした。

 

「群界尾根」コースの途中にある三人山。

この標識は、おそらくA弁護士がつけたものだろう。

 

 

三人山辺りからは、天候は次第に悪化していき、ガスが立ちこめてきた。

三人山を越えると、あとは、東雨乞岳までの登りだが、これが急登で、滑り落ちそうになりながら必死に登る。

しかも、時折、雨も降り出してきた。

 

斜度がやや緩くなって笹藪の中の登山道を進み、ようやく東雨乞岳山頂に到着した。

 

 

山頂には誰もおらず、ガスと強風で、そこから10分ほどの位置にある雨乞岳の姿さえ全く見えない。

しかも、登山靴には、1匹のヒル(初対面)がクネクネと動いており、悲鳴を上げて振り払った。

 

風を避けつつ、なんとか昼食を作って食べる。

 

昼食後、全く姿が見えない雨乞岳には行かず、そのまま、予定していたクラ谷コースを下山した。

クラ谷コースは、テープをたよりに、沢を何度も徒渉しながら進む。

看板④までは、通り過ぎた。

 

ところがである。

テープをたよりに進んでいたはずにもかかわらず、なぜか、またしても、クラ谷コースから離れ、群界尾根の直下まで来てしまっていることに途中で気が付いた。

 

やむなく、再び群界尾根ルートに入り、そこから、なんとか登山口まで下山することができた。時間は、午後4時45分になっていた。

 

無事に登山口まで戻れてホッとしたが、足は疲れ果ててクタクタだった。

登りも下りも道迷いをするは、ヒルに出会ってしまうは、天気は悪いは、で、散々な登山となった。

 

 

 

 

 

「看る力 アガワ流介護入門」(阿川佐和子 大塚宣夫)

 

阿川佐和子さんの「看る力」(文春新書)を読んだ。

この本は、エッセイストの阿川佐和子さんと、よみうりランド慶友病院を開設した医師大塚宣夫さんとの対談である。

 

目次は、

Ⅰ 看る力・家族編

Ⅱ 看る力・夫婦編

Ⅲ 看られる覚悟ーあなたが高齢者になったら

の3部で構成されている。

深刻な介護体験をされている方にとっては、やや「軽すぎる」あるいは「金があるからできる」内容かもしれないが、「なるほど」と思わせる場面もあり、納得して読むことができた。

 

私が「なるほど」と思ったところ

 

●飲み込みに障害がある人でも「好きなものなら喉を通る」

食べることは、人間の最後まで残る楽しみであると同時に、高齢者の生きる力を測る目安としても、とても大事。

よみうりランド慶友病院は、病院食がとてもおいしく、また、ステーキや寿司などを特別に注文することもできる。酒もOKとか。

●認知症は、自分の中に入ってきた新しい情報をうまく処理できなくなっている常態なので、周囲は非難しない。とがめられないという安心感を与える。

●介護は長期戦と心得よ。

できるだけたくさんの人を巻き込み、関わるみんながときどき休める仕組みを作る。

●「後ろめたさをもつ」(例えば、ゴルフに行く)と、そのせいで優しくなれる。

息抜き上手は介護上手。

●スキンシップは大事。

●一人暮らしは老化防止の特効薬

風呂に毎日入らなくたって、1日3食食べなくたって、部屋が汚くたって、夜寝なくて朝起きられなくたって、そんなことは生きることにおいてなんの障害にもならない。

●孤独死で何が悪い

●施設に預けるのは親不幸ではない

●身内の甘え(介護される側は「この程度はやってくれてもよい」、介護する側は「この程度は我慢してくれてもいい)は、最大の敵。

介護のプロのスキルは違う。

●認知症にとって、もっとも効果があるのは、自分が周りから注目されること、あるいは必要とされること。

 

自分自身のことで言うと、「看られる覚悟」編がなんとなく得心できた。

 

●75歳からが本当の老後。車で言えば、ポンコツ車。メンテナンスが悪ければ早くダメになるし、良ければ少し長持ちする。

●「老人は休むな」

休養期間が長くなると、今度は動きだしが大変になるから、75歳過ぎたら自分の体の言うことは聞いてはいけない。

使わなかったら、体はたちまち衰える。

●他者から望まれることが一番いい。でも、その他者とかかわりを保つのにも努力が必要。

●不良老人になろう

●自分のつくった財産は自分で使い切る。

 

「老い」は誰しもが避けられない道。

私の場合、趣味の登山をする時、体力の低下を感じることが多い。

あまり「ラクチン登山」ばかりを目指さず、今から身体のメンテナンスをしっかり行って、元気な不良老人になりたいものだ。

 

大学医学部の図書館へ

 

依頼を受けている事件の関係で、どうしても調べたい医学文献があった。

 

私が弁護士になった頃は、インターネットなどない時代だったので、医学文献を調べたい時には、京大医学部の図書館に行き、索引で調べたり、医学雑誌を片っ端から閲覧して、事件の参考になりそうな論文を探すという苦労をした。

 

今は、インターネットで検索すれば、調べたい本や雑誌が、どこの図書館にあるかがすぐわかるので、隔世の感がある。

 

目的の本が、京大医学部図書館にも京都府立医科大学図書館のどちらにもあることがわかったので、京都府立医科大学図書館の方に初めて行ってみた。

 

学外者は、身分証を見せて申し込めば、入館できる。

 

閲覧室は広くて明るく、自習机もたくさんあって、学生らしき人が何人も勉強していた。

 

目的の本はすぐに見つかり、必要箇所のコピーも自分でできた。

ほんと、便利な世の中になったもんだ。

 

 

 

台風21号と京都の被害

 

9月4日。

正午前頃から午後4時頃まで、京都市内は、台風21号による激しい暴風雨にみまわれた。

事務所も4日は朝から臨時休業とした。

これまでは、台風が通過しても、京都市内は、盆地のせいだろうか、それほど風雨の強さを感じず、あっけなく過ぎ去っていったが、今回は違った。

 

翌5日の新聞によると、被害は、大阪や神戸ほどではなかったにしろ、嵐山の渡月橋の欄干が壊れたり、寺院の建物が倒壊するなど、各地で被害が続出していた。

 

5日、たまたま、京都駅に行く用があった。

台風により、4日午後2時25分ころ、京都駅中央改札口前に、高さ30m以上ある天井からガラスが落下するという事故が起こった。

3名の方がケガをされたとのことで、ぞっとする出来事であった。

この事故のため、5日は、中央コンコースへつながる通路はどこもシャッターが下ろされ、京都駅構内は非常に混雑していた。

 

現在の京都駅ビルは、1997年に建設された。

近代的な建物の中央部分は、巨大な空間になっており、天井や壁面が約4000枚ものガラスで覆われている。

当時は、古都京都の景観にそぐわないと反対運動も起こった。

 

異常気象が続く昨今、今一度、安全性を見直してもらいたい。

 

 

 

 

 

深刻な海のプラスチック汚染

 

プラスチックによる海洋汚染が深刻な問題となっている。

世界で危機感が強まり、今年6月のG7先進7カ国会議では議題の1つとして取り上げられた。

 

プラスチックは、熱が加えられたり、太陽の光があたったりすると、もろく砕けやすくなるが、分解されてなくなることは決してない。

小さなプラスチックは、魚・貝などの海洋生物が餌と間違えて食べてしまい、それら生物体の中でプラスチックの有害物質が溶けだし、その魚をまた私たち人間が食べる

今年6月、タイ南部の運河で死んだ鯨を解剖したら、胃から80枚以上のプラスチック袋が出てきたそうである。

実に、恐ろしい話だ。

 

先日、プラスチックを使用しない生活をしてみようという実験をした人が書いた文を読んだ。

でも、スーパーで売られている商品は、野菜に至るまで、ことごとくプラスチックによって包装され、その実験はアッという間に頓挫したそうである。

 

私たちの周りには、プラスチック製品があふれている。

せいぜい私たちが出来ることと言えば、できるだけプラスチック製品を買わないこと。

例えば、安易にペットボトルを買わない。レジ袋はもらわない。冷凍食品・レトルト食品は買わない。

でも、1人1人の努力では、もう追いつかないところまで来ている。

 

ところが、G7サミットでは、日本とアメリカは、使用するプラスチック製品の具体的な削減量を盛り込んだ「海洋プラスチック憲章」を承認しなかった。

 

企業がプラスチックを作らない、使わないことが必要。

「すかいらーく」や「スターバックス」などは、プラ製ストローをやめて紙製にすると発表した。

企業努力だけに任せるのではなく、国が規制する法律を早急に作ることが何よりも求められている。

 

自分のこととして、プラスチック汚染に関心を持って行きたい。

 

2 / 18912345...102030...最後 »

記事カテゴリー

月別アーカイブ