弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

リハビリ

 

昨年12月5日に退院して、その約1週間後から左手・左腕のリハビリが始まった。

私が受診している病院では、午前中しかリハビリがないので、仕事の関係で、なかなか頻繁には通えない。

 

担当の作業療法士は、若い女性のU先生。

女優の生田智子似の美人。

 

初回のリハビリは、まだシーネで固定していた期間だったので(注、リハビリ中はシーネを外します)、とりあえず左手の5本の指を動かすことと左肘の関節を動かす訓練から始まった。

事故から約2週間、固定して動かしていないだけで、筋肉は固まり、なかなか思うように動かないし、動かすと、皮膚が突っ張り、腕に痛みが走る。

手首を前後に動かす訓練も痛みでほんの少ししか動かせない。

リハビリ室では、同じ時期に入院していた女性の方にもたまたま会い、互いに状況を交流し合った。

 

2回目のリハビリでは、手首を前後に動かす訓練を中心に行った。

最後は、U先生が腕や手首をマッサージをしてくれる。時々すごく痛いのだが、それでも人の手でマッサージをしてもらうと気持ちいい。

これは、AIでは置き換えられない技だと思う。

 

3回目は、リハビリ前の診察で、今後はシーネを外しても良いことになった。

主治医からは、「手首が固いなあ」と私の我流リハビリの弱点を鋭く指摘された上、「これからは、手首をひねる訓練もして」と指示された。

「でも、左手で重い物を持っちゃあダメだよ」とも。

リハビリでは、まず、温水と冷水とに交互に腕をつけて血行を良くすることから始まった。

そして手首の前後を動かす訓練と手首をひねる訓練。

隣の席では、私よりは年上のご婦人が、若い男性の理学療法士さんに手や指をマッサージしてもらい、「痛い!痛い!」などと叫んでいる。

それを横目に、心の中で「若い男性にマッサージしてもらうのもいいなあ」とつぶやいた。

 

4回目のリハビリでは、温冷水浴の後、手首を動かしたり、ひねったりする訓練。

この日は、U先生はお休みで、代理のM先生(女性)。

やはり最後にマッサージをしてもらい終了。

我流だと、どうしても手加減してしまうのだろう。先生のマッサージは時々痛みが伴うが、終わると少しは手が動くようになった気がする。

 

先は長そうだが、ボチボチ頑張るしかない。

 

 

検察、企業などから令状なしでの顧客情報入手リスト

 

(女性弁護士の法律コラムNO.244)

 

検察当局が、顧客情報を入手できる企業など計290団体についてリストを作り、内部で共有していることが判明しました。情報の大半は裁判所など外部のチェックが入らない「捜査関係事項照会」で取得できると明記されています(2019年1月4日付け京都新聞朝刊)。

 

私たちは、クレジットカード作成、ポイント発行、交通関係のカード作成などの際に、自分の個人情報を企業に与えています。

それによって、各企業は、膨大な個人情報を保有することになります。

但し、それはその企業に対して明らかにしたにすぎず、その情報が他に渡るなどとは思っていません。

 

しかし、今回判明したリストは、最高検察庁が捜査への活用を目的に、警察の協力を得て作成し、検察内部のサーバーに保管、随時更新しています。

顧客情報は、公共交通機関や商品購入の履歴といった個人の生活に関わるもので計約360種類もあります。カード作成時に提出された運転免許証などの写しや顔写真も含まれるとのこと。

 

しかし、「捜査関係事項照会」は、捜査当局が独自に企業側に出す要請にすぎず、捜査に必要かどうか裁判所などの外部チェックは働きません。取得後の使用方法も不明で、漏洩のリスクもあります。

 

憲法は、裁判所の令状に基づかない住居や書類、所持品への侵入、捜索、押収を禁じています(35条)。

上記のような検察の情報照会は、令状主義を定めた憲法に反していることは明らかです。

2017年には、最高裁が、捜査対象者の車に衛生利用測位システム端末を令状なく取り付ける警察の「GPS捜査」を違法と判断しています(「法律コラム:刑事」に掲載)。

 

令状なしの個人情報漏洩を禁止する厳格なルール作りが求められています。

 

 

 

 

明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます。

 

事務所の業務開始は、2019年1月7日(月)からですが、そろそろ頭も身体も仕事モードにせねばと、昨日から事務所に来て、色々整理をしています。

 

昨年の左腕の骨折については、多くの皆さんから心配や励ましの言葉を頂戴しました。どうも有り難うございます。

いただいた年賀状を読むと、何人かの方が手や足の骨折を経験されていることを知りました。本当に油断禁物です。

今年は、「暴走」せず、地にしっかり足をつけた生活をすることをあらためて決意しています。

 

腕の経過ですが、昨年末の診察でシーネ(固定)が取れました。

でも、手首が十分に動かず、ひねることもできませんし、重い物を持つこともできませんので、家事などにはまだ不自由をしています。

我流のリハビリではなかなか改善しないので、もう少し時間を見つけて、病院のリハビリに通おうと思っています。

 

今年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

今年も有り難うございました。

 

暖かい冬だったが、昨日は夕方から雪が少し降り、寒い年末年始になりそうだ。

事務所は、昨日28日で業務終了となったが、今日も事務所に来て残務整理をしている。

 

左腕の怪我の方は、一昨日の診察で、固定していたシーネを取ることができ、医師からは、もっと頑張ってリハビリするよう指示された。

まだ左手の自由があまりきかないので、日常生活は不便なことが多い。

でも、怪我が右手でなかったことや重傷でなかったことなど、不幸中の幸いだったと思うことにしている。

事故後は、自転車に乗ることはやめ、運動不足にならぬよう遠くても歩くよう心がけている。

 

来年から、色々な意味で、もっと地に足をつけた生き方をしていこうと思う。

 

今年一年もお世話になり、有り難うございました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

何十年ぶりの入院そして手術

 

11月24日(土)の午後、自転車でこけてしまった。

左前腕が動かない!(アチャー!)

もしかしたら折れたかも・・・嫌な予感。

夕方、救急外来に駆け込んだ。

救急医からは「骨折してます」「手術が必要となると思う」と告げられ、とりあえず外側から骨の位置を元に戻してもらい(整骨)、ギプスで固定してもらい帰宅した。

 

11月26日(月)に病院であらためて診察を受けた。

やはり「手術が必要」との診断。

その週の仕事の予定をキャンセルすることは困難と思われたので、翌週12月3日(月)に手術を受けることにした。

その週は、痛々しい(?)姿で裁判所に出かけたりしたが、腕は固定されていたので、不思議と痛みはあまり感じなかった。

左腕だったことが不幸中の幸いで、事務員さんにも助けてもらいつつ、仕事は右手だけでパソコンを打ち、家事もなんとか右手でこなした。

 

手術の説明なども受けねばならず、11月30日(金)に入院。

これまで家族が入院して付き添ったことは何度もあったが、自分自身は、中学2年の盲腸の時以来。

人生の束の間の休息と考え、パソコンは持参しなかった。

 

割り当てられた大部屋(4人部屋)には、他の入院患者はおらず、12月2日(日)の午後までは一人だった。

広い部屋に1人でいるのもかえって淋しいものだが、テレビもほとんど観ず、おかげで手術までに文庫本の小説2冊を読み終えた。

デイルームに行くと、他の入院患者の女性らがおしゃべりをされていて、酔っぱらって、階段から落ちた、窓から落ちたなどと聞いて、つくづく世の中には色んなことが起きるものだと思った。

 

食事は手術前日の2日まで、水分摂取も当日3日午前9時までだった。

午後2時半、手術室へ。

台に横になり、「心電図と脳波を測ります」と言われた後は記憶がない。

目を開けたら、手術は終わっており、部屋に戻っていた。午後6時前。

左腕は、麻酔が効いており、痛みもないが、全く動かず、感覚もない。

 

翌4日朝、左手の指の感覚はなんとなく戻ってきているようだが、肘周辺の筋肉の感覚が全くなく、自分の意志で前腕を動かすことができない。

このまま曲げ伸ばしが出来なくなってしまうかも・・・などと不安になる。

午後になって、やっと指も肘も感覚が戻って来た。

また、ベッドから起き上がって歩くこともできた。

夕方、主治医が来られ、5日朝の退院が許可された。

 

そして、12月5日退院となった。

午後からは事務所に出かけ仕事。

 

「あの時あそこに行かなければ」など後悔がよぎるが、そんなことを嘆いても時間は元には戻らない。

左手が動かないというだけで、日常生活がいかに不便か不自由かが実感できた。

周囲の人の助けや健康のありがたさを痛感した。

これも人生の勉強。

 

さあ、これからは、リハビリに励もう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2 / 19212345...102030...最後 »

記事カテゴリー

月別アーカイブ