弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

「日々是好日(にちにちこれこうじつ)」(森下典子 著)

 

言わずと知れた、森下典子さんのエッセイである。

現在、文庫本の売り上げベスト1とのこと。

上映中の、黒木華・樹木希林共演の映画も話題となっており好評。

 

私は、本を先に読み、それから映画を観た。

「日々是好日」は、森下さんがひょんなことから20歳でお茶の稽古を始めてから24年の間のお茶を通して体験したことが綴られている。

本を読了した時、静かに感動する気持ちを覚えた。

 

私は森下さんと同世代であるが、大学生の頃、「お茶」は、「生け花」「着付け」などと並んで嫁入り修行の1つとされ、その意味で、私には、習う気持ちなどさらさらなかった。

弁護士になってまもなく、知り合いとなった女性の方からお茶の会のようなものに誘われ1度だけ参加したことがあったが、その時も難しい作法がたくさんある「お茶」を習ってみようとは思わなかった。

その後、どんなきっかけだったかは忘れてしまったが、「お薄」が好きになり、母が持っていた抹茶茶碗をもらい、茶筅と抹茶を買って、自宅で我流でシャカシャカと茶筅でかき混ぜて飲んだりしていた。

それも、ここ数年は、遠ざかっていた。

 

「日々是好日」の著書には、「『お茶』が教えてくれた15のしあわせ」という副題がついており、第1章から第15章の中に、森下さんが「お茶」の世界から感じ取ったもの、そして森下さん自身が「お茶」を通じて体験し成長していく様が描かれている。

 

「世の中には、『すぐわかるもの』と、『すぐにはわからないもの』の2種類がある。・・・すぐにわからないものは、・・・何度か行ったり来たりするうちに、後になって少しずつじわじわかりだし、『別もの』に変わっていく。そして、わかるたびに、自分が見ていたのは、全体の中のほんの断片にすぎなかったことに気づく。『お茶』って、そういうものなのだ。

 

「瀧」と書かれた掛け軸から水しぶきを感じる、

6月の梅雨の雨音と11月の秋の雨音との違い、

水やお湯を注ぐ時の水音のきれいさ、

今という季節を、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚の五感ぜんぶで味わい、想像力で体験する。

 

「日々是好日」ってどんな意味?

「毎日がいい日」って他にどんな意味があるの?

これが、この本のテーマ。

 

「第13章 雨の日は、雨を聴くこと」

お茶を始めて15年目。

「雨の日は、雨を聴く。雪の日は、雪を見る。夏には、暑さを、冬には、身の切れるような寒さを味わう。・・・どんな日も、その日を思う存分味わう。

お茶とは、そういう『生き方』なのだ」

どんな日も「いい日」。毎日がいい日に・・・

「日々是好日」はそんなメッセージ。

 

外に出ると、なんとなく、空の色も、空気も、木々の匂いも、水の音も今までと違うように感じる。

そして、無性に「お茶」が飲みたくなってきた。

 

箱館山(滋賀県)のコキアパーク

 

10月13日、土曜の朝のテレビ番組に、茨城県のひたち海浜公園の真っ赤な「コキア」が撮されていた。

「見てみたい!」と思った。

そう言えば、確か、滋賀県の箱館山(はこだてやま)にもコキアパークがあったな。

思い出してすぐにネットで検索すると、なんと2018年は、明日10月14日で終了するとあった。

そこで、最終日の14日に箱館山に行くことにした。

 

10月14日、天気は晴天。

昼に仕事があったので、仕事終了後の午後3時頃に、箱館山ゴンドラ山麓駅に着いた。

最終日の午後3時だと言うのに、駐車場にはまだたくさんの車が駐車されていた。

 

ゴンドラに乗って、標高627mの山頂駅へ。

山頂は、冬季は箱館山スキー場となるが、その草原の一部にコキアパークがあった。

コキアを眺めながら、スキー場の中をブラブラと歩く。

 

コキアは、、和名をホウキギと言い、まるで、ほうきの先のように円錐形の形をしている。

干して、本当に草ほうきにするとのこと。

夏は緑色で、秋になると赤色に変わる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑色から赤色へ変身中?

 

 

コキアパークの規模は、ネットの写真を見る限り、おそらく茨城県のひたち海浜公園とは比べものにならないと思われたが、それもでコキアを初めて見ることができ、楽しかった。

 

蓼科と八ヶ岳山麓の旅(番外編)~蓼科・花ファクトリー~

 

(前回のブログの番外編)

 

10月6日、御射鹿池(みしゃかいけ)からの帰途、道路沿いに「蓼科・花ファクトリー」という看板が目に入った。

あれ?どこかで見たことがある店の名前やなあ・・・

確か、テレビで、山岳気象予報士・猪熊隆之さんのドキュメンタリー番組が放映された時、猪熊さんがよく通う、八ヶ岳が一望できるカフェとして紹介されていた店じゃないかなあ・・・

(猪熊さんに関する私のブログは、右検索欄に「猪熊」と入力してご覧ください)

 

気になったので、翌10月7日、双子山から下山後、遅めのランチを「蓼科・花ファクトリー」で食べることにして、立ち寄った。

 

店の外観の写真を撮ることを忘れてしまったが、ログハウス調で作られた大きな建物で、玄関を入って右側の部屋は雑貨小物やアクセサリーが販売されており、左側がレストラン・カフェスペースとなっていた。

レストランは、天井も高く開放的で、ウッドデッキにつながる窓ガラス(壁?)が全面的に取り払われており、本当に八ヶ岳が一望できた。

 

八ヶ岳が一望できるカウンター席に座り、焼きカレーと千年豆腐おからグラタンを注文した。

「千年豆腐おからグラタン」というのは、やはりこの周辺にある「千年豆腐」という豆腐屋さんの豆腐とおからで作ったグラタンのようだ。

ところが、グラタンは売り切れたとのこと。ガッカリ!

やむなく、カレーパンを注文した。

 

カレーパンの具のカレーはちょっと「あん」のように甘口で、期待外れだったが、焼きカレーの方は、雑穀ご飯にピリ辛カレーがかけてあり、美味しかった。

 

そして、近くのテーブルの客が、ケーキ「ミルクレープ」と食べていたので、食後のデザートとして私も注文した。

これがまた、そんなに甘くなく、ふんわりとした層になっており、とても美味しかった。

 

心地よい風に吹かれて八ヶ岳をずっと眺めながら、食事ができ、本当に落ち着くことができた。

 

翌10月8日、「千年豆腐おからグラタン」のことがどうしても気になったので、白駒池に行く前の午前10時半に、早めのランチを食べようと「花ファクトリー」に再び立ち寄った。

 

早速、グラタンを注文すると、店の女性が「昨日、売り切れてしまったので、まだ仕込みができていない」と言う。

「えーっ、昨日グラタンが食べられなかったので、今日は早めに来たのに・・・」と泣きそうな声で言うと、「2時頃までには出来るように頑張ります」との返事。

 

「それなら2時頃にまた来ます」と言って、何も食べずに店を出た。

 

白駒池は大渋滞で車が駐車場に入れずあきらめ、午後1時半まで時間をつぶして、三たび「花ファクトリー」へ。

実は、店に来るまでに、「花ファクトリー」の「ピザ」が絶品という他の人のブログを読んだ。

 

そこで、「高原野菜ピザ」と「グラタン」を頼んだ。

なんと、そのピザの美味しかったこと。

これまで食べた中では、1番だと思う。

生地は薄く、その上に高原野菜がたっぷり乗っていた。

なんか、グラタンに恋こがれたが、すっかりグラタンがかすんでしまった・・・

 

 

この日も、吹く風はさわやかで、八ヶ岳もよく見え、美味しいピザもいただき、心地よいひとときを過ごすことができた。

 

また、蓼科に来たら、必ず寄ってみたい店だった。

 

なお、店の中に、猪熊さんが経営する山岳気象専門の会社「ヤマテン」の宣伝チラシが置いてあったので、間違いなくテレビ番組に登場した店だと確信した。

 

 

 

 

 

 

 

 

蓼科と八ヶ岳山麓の旅

 

週末毎に、日本列島を襲う台風。

先週も台風25号が到来したが、日本海側を大きく回って進んだので、10月6日から8日の連休、紅葉を楽しむため、蓼科と八ヶ岳山麓の旅にでかけた。

 

●10月6日(土)

 

長野県茅野市に着いて、まずは昼食。

「小作」という店で「ほうとう」を食べる。

「ほうとう」は主に山梨県近辺で食べられる郷土料理で、名古屋の「きしめん」をもう少し太くした麺で、味噌煮込みうどんのようなもの。

食べるのは久しぶり。

 

 

かぼちゃ、人参、大根、じゃがいも、小芋、白菜などの野菜がゴロゴロ入っており、結構なボリューム。

満腹となった。

 

お腹を満たした後は、奥蓼科の標高1540m地点にある御斜鹿池(みしゃかいけ)へ。

御射鹿池は、農業用のため池で、農林水産省の「ため池百選」にも選ばれている。

東山魁夷の絵画「緑響く」のモチーフとなり、また、シャープの液晶テレビ「アクオス」のテレビCMで一躍有名となった池である (実は、私は、全く知らなかった)。

 

 

 

紅葉にはまだ少し早かったが、池の水はとても澄んでいた。

 

次は、奥蓼科温泉郷の1つ渋・辰野館という宿の近くの登り口から山(丘?)を40分ほど登って「八方台」という見晴らし台へ。

登山道には、これまでの台風による倒木が何本も道をふさいでいた。

 

八方台からは、八ヶ岳の展望が素晴らしかった。

 

 

登って来た道を戻り、せっかくなので、渋・辰野館の日帰り温泉に入る。

ここの温泉は「信玄の薬湯」と書かれた、ひなびた温泉で、お湯は白濁し、湯船の深さは90㎝もあった。

汗を流し、気持ち良かった。

 

●10月7日(日)

 

この日は、軽めの登山。目的は双子山を経て双子池へ。

車で大河原峠(標高2093m)まで行き、そこから歩いて双子山(2224m)まで登る。

なだらかな登り。25分ほど登って山頂へ。山頂は、だだっぴろい。

雨は降っていないが、雲が低くたれこめ、風も強い。

 

山頂からは、更に標高差約200mを下って双子池(標高2030m)へ。

湖畔には、双子池ヒュッテもあり、子ども連れの登山者などが食事を食べたりしていた。

この池は、山を越えて歩いて来なければたどりつけないので、一般観光客はおらず、静かな雰囲気だった。

 

おなかがすいたので、ヒュッテでお勧めの豚汁を食べる。

ここの豚汁も具がたっぷり入って美味しかった。

 

 

 

その後、双子池を散策。

 

雄池

 

雌池

 

 

湖周辺の木々は少し色づいていたが、やはり紅葉真っ盛りには少し早かった。

 

●10月8日(月・祝)

 

北八ヶ岳の広大な原生林の中にある白駒池に車で向かう。

標高2100m以上の湖としては、日本最大の天然湖だ。

池周辺には美しい苔がたくさんあることでも有名で、これまでにも何度か訪れたことがある。

でも、紅葉シーズンは初めて。

 

白駒池へは国道から歩いて15分位で行けるので、紅葉シーズンともなると、観光客がたくさん訪れる。

予想はしていたものの、その予想を超える大渋滞。

駐車場に入れない。

紅葉シーズンの白駒池には、どこかから歩いて登って来るしかない。

 

あきらめて、昼食後、横谷峡へ。

この峡谷には、いくつかの滝があり、沢沿いの道を歩くことができる。

ここは、それほど有名ではないのだろうか、散策している人は少ない。

 

乙女滝

 

屏風滝

 

 

この辺りの滝は、冬になると、凍って氷瀑となるとのことで、是非、冬にもまた来てみたいと思った。

 

 

 

 

 

 

原発の危険性を「社会通念」で判断されてはたまらない

 

(女性弁護士の法律コラム NO.243)

 

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを命じた広島高裁の仮処分決定について、広島高裁は、2018年9月25日、四国電力の異議を認めて同決定を取り消しました。

 

広島高裁は、昨年12月、阿蘇カルデラで約9万年前に起きた過去最大規模の噴火について「火砕流が到達した可能性は十分小さいと評価できず、原発の立地は認められない」と判断し、今年9月30日まで伊方原発の運転停止を命じました。

 

今回の決定は、昨年12月決定が差し止めの根拠とした、原子力規制委員会が安全性を審査する内規として策定した「火山影響評価ガイド」について「相当な正確さで噴火の時期と規模を予測できることを前提にしており不合理」と指摘し、「災害の危険をどの程度容認するかという社会通念を基準とせざるを得ない」としました。

 

その上で、阿蘇カルデラで破局的噴火が発生した場合、膨大な数の国民の生命が奪われ、国土は壊滅に至る被害をもたらすと認定するも、「具体的予防措置を事前に執ることはできない」とし、一方で、「発生頻度は著しく低く」、「国民の大多数はそのことを格別に問題にしていない」と断定しました。

 

そして、「破局的噴火で生じるリスクは発生可能性が相応の根拠をもって示されない限り、原発の安全確保の上で自然災害として想定しなくても安全性に欠けるところがないとするのが、少なくとも現時点におけるわが国の社会通念だと認めるほかない」とし、伊方原発の安全性は欠けていないというのが社会通念だと判断しました。

 

原発の安全性・危険性は、本来、科学的に判断されなければならないものではないでしょうか。

今回の決定は、噴火の時期や程度を予知できない限り、社会通念を基準に判断せざるを得ないと判断していますが、「社会通念」とは何か、また、なぜ「社会通念」が基準となるのかという根拠も示されていません。

しかも、裁判所が言う「社会通念」は、国が破局的噴火のような自然災害に具体的対策を策定していないことと国民の大多数がそのことを格別問題にしていないことのようですが、国の無策及び原発再稼働に反対する国民の大きな声を全く無視するものにほかなりません。

 

折しも9月27日は、4年前に御嶽山が突然噴火し、多くの登山者が犠牲になった日です。

また2016年10月には阿蘇山中岳第1火口で爆発的噴火が起こり、今年になっても3月には再び火口入山規制され(4月23日規制解除)、いつ火山の爆発が起こるかわからないというのが現状です。

 

そのような予測不可能な事態を認定しながら、「社会通念」で原発「安全」と認めてしまうのは、やはり原発再稼働の「結論ありき」だったとしか考えられません。

 

 

 

 

2 / 19012345...102030...最後 »

記事カテゴリー

月別アーカイブ