弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

沢口靖子が来た!

 

昨日(8月30日)、テレビ朝日系「科捜研の女」のロケが事務所4階の会議室で行われた。

船越英一郎主演の「その男、副署長」、渡瀬恒彦主演の「おみやさん」に続く(過去のブログをご覧下さい)、京都法律事務所ロケシリーズ第3段。

 

外から戻って来ると、4階は階段周辺も含めてスタッフなどで一杯の人。既に本番が始まっているようで、「静かに」というご命令。

エアコンの室外機が音声に入ってしまうということで、4階と5階はエアコンを切って、冷房なしでの撮影。ロケとは関係ない5階で執務する事務員さんらは、扇風機やうちわで仕事。

 

ロケ終了後、沢口靖子さんと記念撮影。「お疲れ様でした!」と声をかけて握手を求めると、「弁護士さんですか?」と一言。良かった、弁護士とわかってもらえたぁ。

沢口さんは、本当に小顔で、かわいらしい女性だった。

 

放映は、9月16日(木)午後8時からの予定。

 

 

 

山岳写真家磯貝猛氏、北穂で滑落死

 

昨日、yahooのニュースを読んで驚いた。

山岳写真家の磯貝猛氏が8月29日午前7時35分頃、北穂の南陵で滑落死されたという報道がされていた。

 

1991年8月、私は白馬岳から朝日岳を歩いた。朝日岳に向かう時、私たちを追い抜いたり追い抜かれたりする大きなカメラを抱えた一人の男性登山者がいた。

朝日岳の小屋に着き、暇だったので、外で、山岳雑誌「ヤマケイ」を読んでいると、その男性から「写真、撮らしてもらっていいですか?」と声をかけられた。

それが、磯貝さんだった。ヤマケイの取材のため白馬岳周辺を歩いていたのだった。

 

私の写真は、本当に翌年夏発行の「夏山JOY」という雑誌に掲載された。大切な山の思い出である。

その後、山と渓谷社発行の本や雑誌に磯貝さんの名前を見ると、なんとなく親近感がわいて嬉しかった。

 

北穂の南陵は、滑落事故も起こっているが、一般ルートで、29日朝は北アルプスも晴れていただろうし、磯貝さんは油断されていたのだろうか。

 

とても残念である。ご冥福をお祈りします。

 

 

性暴力被害のワンストップセンター(大阪)

 

誰にも打ち明けられず、自分を責めたり、恐怖と屈辱感を抱え込んで、思い詰めてしまう性暴力による被害。

そんな被害者が少しでも安心して相談したり、診察や治療も1度に受けることができるワンストップセンターが、今年4月、大阪府松原市の阪南中央病院に開設されました。略称「SACHICO」。

ホットライン(072-330-0799)は、24時間対応。4~7月の相談件数は、電話だけでも391件あったそうです。

被害にあった女性たちは、まず、どこに相談に行ったらいいかわからない。警察に行くと、根ほり葉ほり聞かれ、より深く傷ついたりすることもあります。そんな時、まず、寄り添って、心のケアをしてくれる存在は欠かせません。

 

光岳から聖岳へ縦走(南アルプス)

8月20日から23日、南アルプスの光岳(てかりだけ、2591M)から聖岳(ひじりだけ、3013M)まで縦走した。

山小屋4泊という久しぶりのハードな日程だったが、天気は終日晴れ。毎朝、富士山を望みながら御来光を見ることもできた。

 

20日は標高差1630Mを上り、23日は標高差1295Mを下り、縦走中もかなりロングなアップダウンを繰り返したが、先日歩いた西穂~奥穂と比べると、恐い所は全くなかった。

 

南アルプスは、北より登山者が少ないという印象を持っていたが、いやいや、ツアー登山者をはじめとする明らかに60歳を超えていると思われる人で、小屋はあふれ、京都から来たオバチャンらと花の話題でも盛り上がった。

 

今回、この2座を登ったことで、日本百名山はあと10座を残すところとなった。

 

エコカーより、エコチャリがいい

 

エコカー減税の期限が迫り、予算も底をつきそうとのことで、エコカーの駆け込み買いをする人が多いらしい。

そんなニュースを耳にした後のテレビ番組で、韓国の自転車ブームを取り上げていた。

 

韓国は、車の保有率70%に対し、自転車は20%で、まだまだ自転車に乗れない人も多いらしいが、省エネ・温暖化対策として、自転車の普及に力を入れている。

自転車専用ロードが整備され、電車の中にも自転車が持ち込める専用車両がある、などなど。

 

私は、毎日、ママチャリをぶっ飛ばしているが、歩道も車道も危ないし、駐輪場も数少ないことが不満。

 

日本も、是非、自転車の普及に力を入れてほしい!

 

 

記事カテゴリー

月別アーカイブ