弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

平和は願うものではなく、実行するもの

鹿児島県知覧町は、太平洋戦争末期、特攻隊の基地が置かれ、若い多くの命が空に消えていった。

知覧町では、毎年8月15日、平和について話すスピーチコンテストが行われている。

 

今年8月15日、高校生の部で最優秀賞を受賞した福岡県の澤木公輔君のスピーチに心打たれた。

「平和を願うことは誰でもしていますが、平和は願うものではなく、実行するものです。二度と戦争を繰り返さないために、もっと勉強していきたい。」

 

一人ひとりができることを実行していく、それが平和への道なんだな。

 

 

 

高橋尚子DVD

山仲間のF弁護士からいただいた高橋尚子のランニングのDVDを観た。

 

準備運動やストレッチのやり方は参考になる。

特に走り方は、本を読むより、ずっとわかりやすい。

走るということは、股関節の下だけを動かすことではなく、腰から動かすこと。腕も90度の曲げて後ろに振ることが大切、などなど。

 

昨日も暑かったので、午後からジムで走る。マシンを時速8キロに設定して、5キロ走る。

走り方が実践できてるのかどうかはわからないが、楽に走れた。

 

ちなみに、高橋尚子は同じ岐阜市出身。ず~っと後輩だが、中学も同じ。

 

 

 

残業代がアップに。でも・・・

労働基準法が改正され、今年4月から、時間外労働(1週40時間・1日8時間の法定労働時間を超える残業)について、月60時間をこえる部分に限り、

割増賃金率が、これまでの25%から50%に引き上げられました(ただし、中小企業については、当分の間、猶予されます)。

でも、働き過ぎによる過労死や過労うつ・自殺が大きな社会問題となっている日本。

命や健康を、50%の割増賃金と引きかえにするわけにはいきません。

月60時間もの残業などはなくすべきだという声をあげていきましょう。。

簡単料理(その2)~「べんりで酢」は便利です

仕事を持って毎日忙しい者にとって、手抜き料理は魅力的。

三杯酢や二杯酢を作ることは、そんなに面倒ではないはずなんだけど、「べんりで酢」を使い始めたら、その便利さにはまった。

酢の物の材料を混ぜて、それに「べんりで酢」をかけるだけ。私の場合には、少々、塩を足して、できあがり。

これで、暑さを乗り切るぞ!

 

養育費の不払い

離婚した場合、母親が子どもを引き取って育てるケースが多いですが、その際、父親に対し、養育費を請求できます。

養育費の金額は、当事者同士の話し合いで決めることができなければ、家庭裁判所の調停で話し合い、それでも決まらなければ、親の年収や子どもの年齢などを考慮して家裁が決めてくれます(審判)。

ところが、取り決めた養育費を約束どおり支払わない父親もおり、しかも、支払わなくても罰則はありません。

そこで、父親に給料などの財産があれば、強制的に取り立てることができます。

養育費については、給料の2分の1まで差し押さえることがきで、また1回でも約束を破れば、まだ期限が来ていない将来の分まですべて差し押さえることが可能です。

このような強制執行を行うには、家庭裁判所で取り決めた文書や公正証書が必要です。

記事カテゴリー

月別アーカイブ