弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

簡単料理(その1)~蒸し野菜~

趣味欄には書いていないが、料理を作ることが好きだ。本屋に行くと料理本コーナーに直行し立ち読み、テレビでは料理番組を観て研究、レシピもそこそこ集めている。

とは言っても、こった料理などとうていできないし、魚だってさばけない。

要するに、簡単な料理や手抜き料理を作るのが好き。

最近のお勧めは、「蒸し野菜」。これ、流行ってるよね。

とにかくどんな野菜でも適当に切って、土鍋に入れて少々お酒をふって、火を点けて10分程(野菜に寄ります)もすれば、できあがり。野菜そのものの味がそのまま味わえてとっても美味。

つけダレを気分に応じて変えてみると、また違った味が味わえる。

 

子どもがいない場合の相続

最近、子どものいない夫婦が増えてきました。そんな場合、夫が死亡した時の、相続はどうなるのでしょうか。

子どもがいない場合、まず、亡夫の直系尊属(通常は両親)が相続人となります。相続分は、妻が3分の2、直系尊属3分の1です。

直系尊属が既に死亡している場合には、亡夫の兄弟姉妹が相続人となります。相続分は、妻4分の3、兄弟姉妹4分の1です。

従って、夫の遺産を分けるには、これらの相続人と話し合う必要があり、話し合いがまとまらなければ、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てることになります。

夫の両親や兄弟姉妹とは血のつながりがないので、夫の死後、遺産をめぐって争いが起こるのではないかと不安を抱いておられる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、夫婦が互いに遺言を書くことをお勧めします。遺言があれば、少なくとも兄弟姉妹には遺留分はありませんので、もめる心配がありません。

(注)遺留分とは、一定の近親者に対し、亡くなった人の意思に反しても相続財産の一定割合が留保されることです。

ツアー登山

昨年の北海道トムラウシ山の遭難に続き、今年も8月2日北海道幌尻岳で遭難事故が起きた。幸い、全員無事だったが、今回もツアー登山中の事故。

私も登山にはまり始めた10年前頃は年に数回ツアー登山に参加していた。山に行きたいが、かと言って一人では心細い、そんな者にとっては、ツアー登山はありがたい。

参加者は、ほとんどが50代以上の中高年。当時私はまだ40代だったので、参加者の中ではいつも最年少だった。

ツアー登山は、少々天候が荒れていても実施されてしまう。九州の登山ツアーに申し込んでいた折り、台風が来るかどうか微妙な時でも「実施する」と言われ、泣く泣くキャンセルしたことがあった。

また参加者の体力や経験に差があると、どうしても一番遅い人に合わせなければならず、トムラウシの事故の時のように、それが被害を拡大することもある。

山岳ガイドの公的な資格制度やツアー会社に対する規制など対策は急務である。

 

父子家庭にも児童扶養手当が支給されます

これまで母子家庭にしか支給されなかった児童扶養手当が、8月1日から父子家庭にも支給されるようになりました。男性差別の是正です。

児童扶養手当は、両親の離婚などによるひとり親家庭の生活の安定と自立の促進、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

手当の金額は、子どもの数や受給者の所得によっても異なりますが、児童1人で全部支給の場合には、月額4万1720円が支給されます。個々のケースについては、市町村にお問い合わせください。

支給要件に該当している方については、11月30日までに申請すれば、「8月分」から支給されますので、早めに申請されることをお勧めします。

きょうは楽に走れた

 

1週間ぶりにランニング。

でも、外はとても暑いので、きょうはスポーツクラブで。

入念にストレッチと筋トレした後、ランニングマシンでスローペースで走り始めると、全然しんどくない。

5キロ走れた。やった!

記事カテゴリー

月別アーカイブ