弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

顧問弁護士は「第三者」じゃない

 

(女性弁護士の法律コラム NO241)

 

麻生財務大臣が、2018年4月17日の記者会見で、財務省の福田事務次官のセクハラ疑惑の事実調査を「公平性のため」「第三者」の弁護士に依頼したと述べた。

その弁護士というのは、財務省の顧問弁護士だという。

 

政治家が使う「第三者」という言葉。どこかで聞いたような・・・・

そうそう、当ブログでも書いたことがあるが(2016年6月13日付け)、2016年、当時の舛添東京都知事に政治資金問題が起こった時にも、舛添氏は「第三者」である弁護士という言葉を何回も使用した。

 

弁護士は、依頼者から着手金や報酬等を受領して、その依頼者のために働くのが主な仕事なのだから、どう考えても「第三者」ではあり得ない。

財務省の顧問弁護士は、財務省からお金(国民の税金だが)をもらってるんだから「第三者」ではないのは当然だ。

政治家や弁護士本人がどう思っていても、少なくとも社会は「第三者」とは見ないし、見えない。

 

政治家は、日本語の使い方を間違っている。

 

 

 

 

 

記事カテゴリー

月別アーカイブ