弁護士村松いづみのblogマチ弁の日々

尾瀬の旅(その1)~尾瀬ヶ原~

 

7月初めの週末、尾瀬の旅に出かけた。

梅雨ど真ん中の時期であったが、雨が降っても尾瀬歩きは出来るか、と考えて。

 

尾瀬は、新潟県・福島県・群馬県・栃木県の4県にまたがる、東西6キロ、南北2キロの高層湿原である。

これまで、尾瀬にある2つの山(どちらも日本百名山)、至仏山(しぶつさん、2228m)と燧ヶ岳(ひうちがたけ、2356m)の登山のため、尾瀬には2回訪れたことがあった。

夏になると、たくさんの珍しい植物が咲き乱れる、素晴らしい湿原である。

 

 

 

「夏の思い出」という歌がある。

歌詞の中に「夏が来れば思い出す。・・・水芭蕉の花が咲いている」とあるが、水芭蕉は、尾瀬では5月下旬から6月上旬までが最盛期の花で、どちらかと言うと、まだ残雪が多い春の時期の花である。

尾瀬というと、この歌を思い出すのだが、水芭蕉のくだりは、いつも「なんとなく変」と思ってしまう。

 

天気は曇りだが、幸い、雨は降りそうにない。

鳩待峠から、約1時間程下ると、山ノ鼻に着く。そこが尾瀬ヶ原の入り口である。

 

尾瀬の中には、いくつかの山小屋があるが、そこへ荷物を運ぶのは、歩荷(ぼっか)の仕事だ。

10キロ㎏もある荷物を担いで山小屋に運ぶ。

 

 

尾瀬ヶ原は、湿原保護のため、水平の木道を歩く。

曇り空だが、至仏山も燧ヶ岳も、きれいに望むことができた。

涼しくて、湿原の風が心地よい。

 

 

前方の山は、燧ヶ岳。東北地方の最高峰である。

 

 

この時期、まだ初夏の花が咲き始めたところで、木道の両脇の湿原には、珍しい花が少しずつ咲いている。

ただ、アヤメやカキツバタだけは、満開だった。

(アヤメとカキツバタの違い、わかりますか?)

 

 

水芭蕉は、こんな感じで少しだけ残っていた。

 

 

 

咲き始めた尾瀬ヶ原の花

 

ニッコウキスゲ

 

 

ワタスゲ

 

 

トキソウ

 

 

今回、尾瀬ヶ原を歩いて、初めて見たものがあった。

尾瀬には、伏流水が流れているのだが、尾瀬ヶ原の「竜宮」という所には、川の水が吸い込まれている場所 と湧き出している場所があった。

水が湧き出ている所は、これまで、例えば、富士山の周辺などで見たことがあったが、水が吸い込まれている所は初めて見た。

吸い込まれていく様子は全く見えないが、たくさんの川の水が水溜に流れ込み、そこから出て行く流れはないので、正に、地中に吸い込まれているということである。

面白い!

鼻からの胃カメラ検査

 

毎年この時期になると、年1回の人間ドックに行く。

胃の検査は、これまで専らバリュウムを飲んで行う検査を受け、再検査の指示があった時だけ、口からの胃カメラ検査を受けた。

口からの胃カメラ検査は、過去3回程受けたことがあるが、あの吐き気をもよおす苦しさを思うと、尻込みしてしまう。

 

もうずいぶん前に、友人から「鼻からの胃カメラ検査は、痛くないし、楽」と聞いた。

でも、その時は、楽と聞いても、にわかには信じがたく、それ以降も受けようとは思わなかった。

しかし、今年は、あまり悩むことなく、1度、鼻からの胃カメラ検査を受けてみようと思い、申し込んだ。

 

初めての体験は、やはりドキドキ。

他の検査を終え、胃カメラ検査の部屋に行くと、マッサージチェアのような椅子が置いてあり、そこにゆったりと腰掛け、まず、胃の中の泡をとるための液体を1杯飲む。

次に、鼻腔を広げ鼻出血を予防するための薬を両方の鼻の穴に注入し、約7分待つ。

そして、左右どちらの鼻が通りやすいか選ぶ(自分ではわからない)。

(この時、女性は鼻腔が狭いので、チューブが通りにくい時には、口からに変えますと説明があった)。

左穴から通すことになり、麻酔液が注入される。

 

検査室に案内され、ベッドで横向きに横たわる。

医師が「今からこれを入れます」と先端にカメラがついたチューブを見せる。

意外に太い!直径5ミリくらいはあるんじゃない?

看護師さんから「痛い時は『痛い』と言ってね」と言われる。

チューブが鼻を通る時、とても痛かったので、言われたとおり「痛い!」と言い、頭も思わず上にのけぞった。

看護師さんが「気持ちをゆったりね」と声をかけてくれながら頭を元に戻してくれた。

その後はずっと背中をさすってくれていたので、それからは痛みを感じることもなく、カメラが映す自分の胃の中の状態をモニター画面で見る。

画面を見ながら、医師と会話もできた。

 

検査自体は10分くらいで終了した。

 

初めて鼻から受け、口からよりは苦しくなかったというのが率直な感想。

じゃあ、来年はどうする?

 

わからんなあ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「すごい90歳」(奥村正子 著)

 

奥村正子さん、1930年7月7日生まれ。

今年、数え年で90歳となる。

配偶者が2017年に亡くなり、現在は、茨城県鹿嶋市で一人暮らし。

いやはや、本のタイトルどおり、とにかく「すごい」。

 

普通の主婦だった奥村さんは、72歳でベンチプレスを始め、82歳で世界一に、90歳になる今も現役。

 

奥村さんのことは、ネットニュースで読んで知っており、前々から「すごい人やなあ」とは思っていたが、書店で本を見つけたので、すぐに買って読んでみた。

 

奥村さんが運動を始めたのは、膝に水がたまった50歳の頃。

大腿四頭筋を鍛えて強くすれば膝の痛みがなくなって水もたまらないことを知り、トレーニングを始め、これが運動のきっかけに。

膝の痛みがなくなり、「50歳になっても筋肉は鍛えられる」ことを実感した奥村さんは、歩くために、次はゴルフを始める。

そして、ジム通いがきっかけで、72歳でベンチプレスと出会う。

ベンチプレスとは、バーの両端にプレート(重り)を何枚かつけて、それをベンチに仰向けになってまっすぐ押し上げるという種目。

奥村さんは、努力すれば、つけるプレートがだんだん増えていき、それが面白くて、ジム通いが楽しくなってきた。

82歳からは、ベンチプレスのパーソナルトレーニングをつけ、2013年には初めて世界大会に出場。初出場で、70歳以上の部47㎏級で、金メダル。

2019年5月に日本で開催された世界大会で5度目の金メダルを獲得した。

 

本では、奥村さんの日常生活も紹介されている。

「健康の秘訣は?」と尋ねられて、奥村さんは、「何よりも毎日の食事のおかげ」と答える。

外食はせず、手抜きもせず、朝たっぷり、昼は簡単の1日2食。

水曜と土曜は、水戸市にあるジムへ。

自宅から最寄り駅まで25分歩き、電車に1時間以上乗って、水戸駅からジムまで30分歩く。これの往復。

 

奥村さんのすごいところは、何事も継続していること、そしてその継続した効果を実感してそれを面白いと感じられるところじゃないかなと思う。

ランニングもされており、東京オリンピックの聖火ランナーになることも目標とのこと。

 

「継続は力なり」という言葉があるが、奥村さんは、継続すれば、いくつになっても、やれないことはないと教えてくれる。

 

こうやってブログを書いていたところ、滋賀県大津市に住む山ノ井貞子さん(75歳)が、2012年脳梗塞を患ってそのリハビリのため始めたベンチプレスで、2019年5月の世界大会70歳以上の部52㎏級で初出場し金メダルを獲得したというニュースが飛び込んで来た(2019年6月30日付け京都新聞朝刊)。

 

いやはや、年齢を言い訳にはできないなあ・・・

 

 

 

ドラマ「きのう何食べた?」に、はまってます

 

テレビ東京系(関西では、テレビ大阪)で毎週深夜に放映されている、「きのう何食べた?」に、はまっている。

放映は深夜なので、ビデオに録画して、時間がある時に観ている。

 

原作は漫画らしく、作者は、よしながふみさん。

西島秀俊演じるシロさん(弁護士)と内野聖陽演じるケンジ(美容師)のゲイカップルが主人公。

 

私が、何で、はまっているかと言うと、

1つ目は、内野聖陽のゲイの演技がこれまでにない新境地で、「さすが俳優!」と、毎回、感心して見入っている。

私のこれまでの内野聖陽のイメージは、大河ドラマ「風林火山」や「臨検」などの強面の男。

それが、言葉使いはもとより、指つかい、目線、所作などすべてが「女性」になりきっているのである。

 

2つ目は、毎回、シロさんが作る手料理。

料理番組と同じくらい、丁寧に作り方を教えてくれる。

それもあまり面倒なものではなく、つい自分も作ってみたくなるような料理ばかり。

ちなみに、「きのう何食べた?」のレシピ本も発刊されている。

 

さて、そんなドラマも、もう来週第12話が最終回。

残念やねえ。

 

毎朝、テレビ体操

 

今は、身体を動かす習い事をしていないので、運動と言えば、月2回のスポーツクラブ、たまの山歩き、たまのウォーキングだけだ。

 

これではあかん!と思い、4月から毎朝、テレビ体操をしている。

 

テレビ体操は、NHKのEテレで毎朝6時25分から35分までの10分間、体操をする番組である。

最近は夜明けが早いので、たいていは午前6時前に起き、テレビ体操が始まるまで、新聞を読んだり、午前6時からの語学番組を観たりする。

そして午前6時25分から体操開始。

 

メニューは、

月曜から土曜までは、ポイント体操➕「ラジオ体操」(第1と第2を毎日交互に)。

日曜は、「ラジオ体操」第1と第2すべて。

「ラジオ体操」は、計算し尽くされた究極の運動で、効率の良い全身運動とカロリー消費、ケガをしない安全性などが魅力と紹介されている。

 

ただ、批判的な意見もあるようで、「ラジオ体操」では脚の筋肉を鍛えないので、高齢者には「膝や腰を痛めるリスクがある」と指摘する医者もいるようだ。

 

確かに、ずっと続けていると体調は良いが、指摘されているとおり、やはり下半身への刺激は弱いという実感はある。

夜、ボッーとテレビを観ているのではなく、下半身の筋トレをするとパーフェクトかな?

 

まあ、とりあえず、「継続は力」と信じて、朝のテレビ体操は続けることにしよう。

 

1 / 19812345...102030...最後 »

記事カテゴリー

月別アーカイブ